楼煩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楼煩(ろうはん、拼音:Lóufán、上古音:lo bian[1])とは、古代の民族あるいは、その国家。遊牧を生業とし、その領土は現在の中国山西省オルドス地方一帯である。後にに滅ぼされ、その故地には雁門郡が置かれた。匈奴の祖先の一つと見られており、北へ移動した部族は、冒頓単于の時代に匈奴に併合された。

歴史[編集]

楼煩は、に服属し、朝貢した[2][3]春秋時代には、の北方に住み、林胡とともにの一つと見なされ、多くの部族に分かれていた[4]

戦国時代初期、趙の武霊王騎馬民族から取り入れた胡服騎射を導入し、楼煩国を破った。楼煩人は北へ追いやられ、趙・に服属することとなった。趙は、楼煩の故地を領有し、雁門郡を設置した[5]

匈奴の冒頓単于の時代には、楼煩は東胡とともに破られ、部族は併合されるとともに匈奴がオルドス地方を領有した[6]

楚漢戦争の時代、劉邦の陣営には楼煩の武将がいたと伝わる[7]。しかし、項羽の陣営にもおり、当時は騎射に長けた者は往々にして皆「楼煩」と呼ばれたためとも考えられる[8]

紀元前127年前漢の武将衛青は匈奴の楼煩王、白羊王を破り、オルドス地方を獲得し朔方郡を設置した。の時代、楼煩県は元来雁門関の外にあったが、の時代には現在の山西省忻州市原平市に移された。の時代には、楼煩郡中国語版が置かれた。

遺跡[編集]

現在の山西省太原市婁煩県馬家荘郷、新村、東溝村に現存する婁煩古城遺跡中国語版は、春秋時代の楼煩国の首都の遺跡である。

脚注[編集]

  1. ^ 王力: http://www.eastling.org/OC/oldage.aspx
  2. ^ 逸周書』王会解に「楼煩以星施,星施者,珥旄」という。
  3. ^ 晋乗蒐略』巻2に「周の成王のとき、楼煩子が京師に入朝した」という。
  4. ^ 史記』匈奴列伝に「而晋北有林胡、楼煩之戎,燕北有東胡、山戎。各分散居谿谷,自有君長,往往而聚者百有餘戎,然莫能相一」という。
  5. ^ 戦国策』巻12斉策5に「むかし斉と燕が桓水の褶曲部で戦った。燕は勝利できず、10万の兵を失った。胡人が燕の楼煩数邑を襲い、その牛馬を取った」という。その註に「楼煩は雁門郡に属した」とある。
  6. ^ 『史記』匈奴列伝に「東胡初軽冒頓,不為備。及冒頓以兵至,撃,大破滅東胡王,而虜其民人及畜産。既歸,西撃走月氏,南并楼煩、白羊河南王」という。
  7. ^ 『史記』項羽本紀に「漢に騎射を得意とする者、楼煩あり。楚が三たび挑戦するごとに、楼煩はこれを射殺した」という。この部分について『史記集解』は「応劭を引いて、「楼煩は胡である。いまの楼煩県にあった」とする。
  8. ^ 『史記』樊酈滕灌列伝に「撃項羽之将項冠於魯下,破之,所将卒斬右司馬、騎将各一人。撃破柘公王武,軍於燕西,所将卒斬楼煩将五人,連尹一人」という。
    この部分について『史記集解』は李奇を引いて、「楼煩は県の名である。その地の人は騎射を得意とした。このため名射士を『楼煩』とし、その美称を取っていて、必ずしも楼煩の人ではなかった」とする。同じく『集解』は張晏中国語版を引いて、「楼煩は胡の国名である」とする。