楯岡満茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
楯岡 満茂
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文16年(1547年
死没 寛永16(1639年
改名 楯岡満茂 → 赤尾津満茂 → 本城満茂 → 満慶
主君 最上義光家親義俊
出羽国山形藩
氏族 楯岡氏赤尾津氏本城氏
テンプレートを表示

楯岡 満茂(たておかみつしげ、本城満茂 天文16年(1547年) - 寛永16(1639年)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将最上氏の家臣。楯岡氏の当主。豊前守を称す。

生涯[編集]

最上氏の庶流の一族で、出羽国楯岡城山形県村山市楯岡)を領していた。1586年には小野寺義道の侵攻を最上義康と共に有野峠の戦いで苦戦しながらも撃退し、1595年には最上軍の総大将として小野寺領の仙北郡に侵攻し、湯沢城を奪取し、その城を与えられ湯沢氏を称した。関ヶ原の戦いに関連して勃発した慶長出羽合戦では、上杉氏相手の合戦には赴かず、小野寺氏に対する押さえとして同地の守備にあたった。関ヶ原の合戦以後、最上氏の領地となっていた雄勝郡佐竹氏の領地とされ、その代わりとして与えられた由利郡1603年に移る。居城した赤尾津城にちなんで赤尾津氏を一時名乗ったが、子吉郷に築いた本荘城秋田県由利本荘市尾崎)に移ってからは本城氏[1]を名乗る。

1612年の最上氏の分別帳によれば、満茂の所領は4万5000石と最上家中における最高の禄高であった。しかし1622年、最上氏が幕命により改易されると、その身柄を酒井忠世に預けられた。その後、赦されて忠世に仕え、客分として1200石を給される。この時その一族郎党も召し抱えられ、酒井家中で最上衆と呼ばれている。また、本城満慶と改名した。甥の親茂を継嗣としたが急逝したため、姪の子の満旨に跡を継がせた。1639年死去と本城家譜に記されている。墓所は前橋市の長昌寺[2][3]

子孫の本城氏は雅楽頭酒井家(前橋藩姫路藩主家)の重臣として続いた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本荘城のあらまし”. 由利本荘市、修身館. 2014年5月9日閲覧。
  2. ^ 前橋市長昌寺公式サイト『長昌寺と本城氏の絆』
  3. ^ なお、新城氏墓所は前橋市指定史跡となっているが、満茂の墓石は現存しない。1811年に姫路藩重臣の本城満主が調査した時点では残っていたが、明治時代後期の寺院火災の混乱で失われたと考えられている。
  4. ^ 最上義光歴史館『最上家臣余録 ~知られざる最上家臣たちの姿~【本城満茂 (11)】』