楡亜暗沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
楡亜暗沙
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

楡亜暗沙(ゆああんさ、英語:Investigator Shoal、マレー語:Terumbu Peninjau、タガログ語:Pawikan、ベトナム語:Bãi Thám Hiểm)は、南沙諸島の一つ環礁である。安渡礁から北東、簸箕礁から約20海里を離れている。環礁が不連続で、東西の長さは34キロ、二角礁、浪口礁と線頭礁などを含んでいる[1]

1999年からマレーシアが楡亜暗沙を実効支配しているが[2]中華人民共和国中華民国台湾)、フィリピンベトナムも主権を主張している。[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 楡亜暗沙(中国語)
  2. ^ マレーシアが南沙諸島で施設を建てることは中国領土主権を侵犯するものである
  3. ^ 南シナ海紛争に国際海洋法分析
  4. ^ 南シナ海の安全保障と戦略環境 (二・完)(PDF) 浦野起央 - 日本大学法学部名誉教授
  5. ^ 台湾の南シナ海南沙諸島太平島における 滑走路建設をめぐる論争とその政策的含意(PDF) 宋燕輝 - 中興大学国際政治研究所教授

座標: 北緯8度07分 東経114度30分 / 北緯8.117度 東経114.500度 / 8.117; 114.500