楠正憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楠 正憲
生誕 (1977-03-01) 1977年3月1日(41歳)
日本の旗 日本 熊本県
居住 日本の旗 日本
研究機関 Japan Digital Design
出身校 神奈川大学
主な業績 マイナポータル
マイナンバーカード
ブロックチェーン
公式サイト
http://profile.hatena.ne.jp/mkusunok/
プロジェクト:人物伝

楠 正憲(くすのき まさのり、1977年 - )は、日本のITアーキテクト。Japan Digital Design株式会社 Chief Technology Officer、ISO/TC307(ブロックチェーンと分散台帳技術に係る専門委員会)国内委員会 委員長、内閣官房情報化統括責任者補佐官。Linux IPv6 RPMプロジェクトFounder。その他にも多数の役職を兼務。文章力には定評があり、ソーシャル・メディア上でのフォロワーも多い[要出典]。主に情報技術情報化にかかわる研究を行う。デジタル・アイデンティティ分野およびブロックチェーン分散台帳分野に特に造詣が深い[要出典]

概要[編集]

中学で留年し、高校を中退後、大検を取得。浪人中から秋葉原に入り浸り人脈を築く。神奈川大学経済学部在学中より認証連携プロトコルの設計に関わる他、Linux IPv6 RPMプロジェクトの立ち上げ、LinuxディストリビューションのIPv6対応を推進した。その後、株式会社インターネット総合研究所を経由しMicrosoft Asia Limitedに転じ、政策企画本部の立ち上げ。自治体との連携協定締結やベンチャー支援の先鞭をつけた他、古川享の帰国までCTO代理として技術渉外を統括、史上最大のウイルス感染事案 (Blaster) の収拾では政府対応を主導し、総務省、経済産業省、警察庁の研究会で事態を報告し、内閣官房情報セキュリティセンターの設立を提言する経済産業省の委員会に委員として参加[1]。以後、総務省 スマートクラウド研究会 技術WG 構成員をはじめ、多数の政府委員会の委員・構成員を歴任した。また、2011年からは内閣官房 社会保障改革担当室 番号制度推進管理補佐官に就任、日本のマイナンバー制度とマイナポータルの構築に多大な貢献をした。2016年からは、ISO/TC307の国内審議団体の委員長もつとめ、ブロックチェーンと分散台帳技術の開発・普及に貢献している。

プライベートでは、人気ブログ「雑種路線でいこう」[2]の執筆をはじめ、ソーシャル・メディアで多くのフォロワーを持ち、関連分野の人々に多大な影響をもっている。

略歴[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]