楠宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
楠 宏
(くすのき こう)
生誕 (1921-11-18) 1921年11月18日(96歳)
日本の旗 日本 北海道釧路市
研究分野 雪氷学地誌学
研究機関 北海道大学
国立科学博物館
国立極地研究所
出身校 北海道帝国大学
主な業績 3次にわたり南極観測隊長に就任
第10次と第18次の南極越冬隊長に就任
百科事典における両極地方地理に関する項目の執筆
プロジェクト:人物伝

楠 宏(くすのき こう、1921年11月18日 - )は、日本地球物理学者地理学者である。専門は、雪氷学両極地方地誌北海道釧路市出身。楠木正成の子孫にあたるという[1]

略歴[編集]

業績[編集]

  • 第10次・第14次・第18次の3次にわたり南極観測隊長を務め、そのうち第10次と第18次では越冬隊長も務めた。
  • 百科事典において北極地方及び南極地方地理に関する項目を数多く執筆し、日本における極地地誌の第一人者であるといえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]