楚辺通信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯26度24分2.4秒 東経127度43分47.4秒 / 北緯26.400667度 東経127.729833度 / 26.400667; 127.729833

楚辺通信所(2002年5月19日撮影)
楚辺通信所全景(2004年1月撮影)

楚辺通信所(そべつうしんじょ)は、沖縄県読谷村にあった在日米軍施設である。通称象の檻(オリ)。

概要[編集]

1950年代後半に建設され、敷地面積は53万5000平方メートル(0.53平方キロメートル)で直径約200m、高さ28mの巨大な檻のようなケージ(檻)型アンテナを持ち、青森県三沢飛行場近くにある姉沼通信所(「三沢飛行場」記事内の当該項目参照のこと)とともに、軍事通信の傍受施設として使用されていた。管理は米海軍が行い、駐留軍従業員数は31人であった。

地主数は457人で年間賃借料は3億6500万円であった。1995年知花昌一ら一部の地主が賃借契約の更新を拒否し、大田昌秀沖縄県知事(当時)も土地強制使用の代理署名を拒否したため(これにより沖縄代理署名訴訟が起こり沖縄県が敗訴した)、賃借契約が切れた1996年4月から日本国による不法占拠状態となった。この賃貸借契約の期限切れに先立って、木製の柵が設置された(それまでは、基地警備員の制止を受けるものの鉄塔に近寄ることは不可能ではなかった)。1997年4月に米軍用地特別措置法を改正することで不法占拠状態は解消されたが、不法占拠状態は389日間にもなった。国の不法占拠状態が続く中で、一部地主らは土地の明け渡し等を国に求める訴えを起こしていた(米軍用地特別措置法改正後は一部地主らは米軍用地特別措置法改正の憲法判断や不法占拠に対する国家賠償請求訴訟が争点となったが、米軍用地特別措置法改正は合憲であること及び国家賠償請求については国が供託金を既に払っているとして請求を棄却する判決が2003年11月に確定した)。

米軍基地再編により、本施設はキャンプ・ハンセン内に移設されることになり、新施設の整備が完了した2006年12月末に日本に全面返還され、2007年5月31日より、アンテナを含む施設の本格的な撤去作業が行われ、2007年6月8日、全てのアンテナが撤去された。なお、キャンプ・ハンセン内に新規に建設された同種の施設には、「象の檻」との名称の元となった鉄塔群は存在せず、より高度な設備を用いている。

外部リンク[編集]