楊鋭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

楊 鋭(よう えい、Yang Rui1857年 - 1898年)、字は叔嶠または純叔末の変法派の官僚。

四川省綿竹出身。尊経書院を卒業。張之洞の知遇を得、張が両広総督として任地に赴いたときに随行している。1889年、内閣中書に採用された。1898年戊戌の変法の際には湖南巡撫陳宝箴の推挙で四品卿となり、譚嗣同林旭劉光第とともに軍機章京として新政に参加している。しかし戊戌の政変西太后が政権を奪回すると、譚嗣同・楊深秀・林旭・劉光第・康広仁とともに斬られた。彼らは「戊戌六君子」と呼ばれる。

著作には『説経堂詩草』がある。