楊絳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楊絳
Yang Jiang 1941.jpg
楊絳、1941年
誕生 楊季康
(1911-07-17) 1911年7月17日
Flag of China (1889–1912).svg 北京市
死没 2016年5月25日(2016-05-25)(104歳)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 北京市
職業 作家、翻訳家
言語 中国語、英語フランス語スペイン語
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
最終学歴 蘇州大学
清華大学
オックスフォード大学
パリ大学
活動期間 1943年—2016年
ジャンル 小説、散文
代表作 『幹校六記』
『洗澡』
『我們仨』
配偶者 銭鍾書 (1935年—1998年)
子供 銭瑗(女)
親族 楊蔭杭(父)
楊蔭楡(叔母)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
楊絳
各種表記
繁体字 楊絳
簡体字 杨绛
拼音 Yáng Jiàng
英語名 Yang Jiang
テンプレートを表示

楊絳(よう こう、1911年7月17日 - 2016年5月25日)は、中国の作家、翻訳家[1][2]。本名は楊季康。代表作に『幹校六記』『洗澡』『我們仨』。

略歴[編集]

原籍は江蘇省無錫市で、1911年7月17日に北京市に生まれた。父の楊蔭杭日本早稲田大学の卒業生。

1923年、父親に連れられ江蘇省蘇州市に引っ越す。

1928年に蘇州東呉大学(現在の蘇州大学)に入学し、1932年7月に卒業。卒業後北京清華大学に進学、在学中に夫となる銭鍾書と知り合う。

1935年に結婚し、同年にイギリスやフランスへ留学した。

1938年、銭鍾書を連れて帰国。上海震旦女子文理学院外語系教授、清華大学西語系教授を歴任する。

1953年、北京大学文学研究所、中国科学院文学研究所、中国社会科学院外国文学研究所の研究員にも就任した。

文化大革命から五七幹部学校に下放され労働に従事、文化大革命で受けた攻撃も激しかった[3]

1981年、『幹校六記』を発表。

1997年3月4日、彼女の娘の銭瑗が脊椎で亡くなった。

1998年12月19日、夫の銭鍾書が亡くなった。

2001年、『従丙午到流亡』を発表。

2003年、『我們仨』(『私たち三人』)を発表。

96歳だった2008年には『走到人生辺上:自問自答』を出版した。

2016年5月25日、北京協和医院中国語版英語版で死去。104歳没[4]

著書[編集]

散文[編集]

  • 『我們仨(私たち三人)』生活.三聯書店、北京市、2012年9月1日。ISBN 9787108042453

  桜庭ゆみ子訳『別れの儀式 楊絳と銭鍾書――ある中国知識人一家の物語』勉誠出版、2011年7月

  • 『走到人生辺上:自問自答』商務印書館、北京市、2012年9月1日。ISBN 9787100056106
  • 『将飲茶』三聯書店、北京市、2015年5月1日。ISBN 9787108051707

  中島みどり訳『お茶をどうぞ』平凡社、1998年7月

  • 『幹校六記』三聯書店、北京市、2015年4月1日。ISBN 9787108051721

  中島みどり訳『幹校六記――〈文化大革命〉下の知識人』みすず書房、1985年2月

  • 『雜憶と雜寫』三聯書店、北京市、2010年1月1日。ISBN 9787108034601
  • 『隠身の串門児』三聯書店、北京市、2015年4月1日。ISBN 9787108051738

小説[編集]

  • 『洗澡(風呂)』人民文学出版社、北京市、2013年1月1日。ISBN 9787020090501

  中島みどり訳『風呂』みすず書房、1992年10月

  • 『洗澡之後』人民文学出版社、北京市、2014年8月1日。ISBN 9787020105526

訳著[編集]

受賞[編集]

1985年、『林奶奶』、最佳散文賞。

1986年、『堂吉訶徳』、スペインアルフォンソ十世勲章英語版[2]

2003年、『我們仨』、十大好書。

評価[編集]

「最も才能があり、最も良い妻」——銭鍾書。

脚注[編集]