楊海英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楊 海英
よう かいえい
人物情報
別名 大野おおの あきら(日本名)
生誕 オーノス・チョクト(モンゴル名)
(1964-09-15) 1964年9月15日(56歳)
中華人民共和国の旗 中国内モンゴル自治区オルドス
国籍 中華人民共和国の旗 中国日本の旗 日本
出身校 北京第二外国語大学日本語学科
総合研究大学院大学
学問
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 文化人類学
研究機関 静岡大学人文社会科学部
静岡大学大学院人文社会科学研究科
学位 文学博士
称号 教授
主な受賞歴 司馬遼太郎賞
大同生命地域研究奨励賞
樫山純三
テンプレートを表示

楊 海英(よう かいえい、ヤン・ハイイン、1964年昭和39年)9月15日 - )は、内モンゴル南モンゴル)出身の文化人類学歴史人類学者静岡大学人文社会科学部教授。モンゴル名オーノス・チョクト帰化後の日本名は大野旭(おおの あきら)[1][2][3]。楊海英は中国名のペンネーム[1][4]

略歴[編集]

内モンゴル自治区オルドス生まれ。父方の祖父のノムーンは清朝中華民国の界牌官(ハーラガチ)[3]。家族から与えられたモンゴル名オーノス・チョクトで、オーノスはガゼル、チョクトは火や力を表す[4]。先祖からの中国姓はで、もとはガゼルを表す中国語の「黄羊」からとってと名乗っていたが、後に同音の楊に改める[4]。小学生だった1974年に中国語教育が始まったため、中国名として楊海英を名乗った[4]

北京第二外国語学院大学アジア・アフリカ語学部日本語学科卒業[1][2]。北京大学東方言語学部の受験を検討していたが、内モンゴル自治区からの入学が認められない年であったため断念する[5]。日本語試験で優秀な成績をおさめ、少数民族としては異例の合格であった[5]

1989年平成元年)訪日。別府大学の研究生、国立民族学博物館総合研究大学院大学で文化人類学の研究を続けた[1]中京女子大学人文学部助教授を経て、1999年(平成11年)静岡大学人文学部助教授。内モンゴル人民革命党粛清事件(内人党事件)と文化大革命、中国の民族問題ついての研究をすすめた。2000年(平成12年)、日本へ帰化[1]

内モンゴル自治区とモンゴル国ロシア連邦をはじめ、近年ではカザフスタン共和国、それにウズベキスタン共和国などで調査。

2006年(平成18年)、静岡大学人文学部教授。2011年(平成23年)、『墓標なき草原:内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』で司馬遼太郎賞を受賞。同書は中国語英語、それにモンゴル語ロシア語に翻訳されている。

内モンゴル人民革命党粛清事件に関する幼少期の「恐怖の記憶」として「中国人民の敵」と認定されると、裁判をせずに殺害されたこと、また楊家も私刑や家財の略奪を受けたことなどを回想しており[1]、「母が毎晩の(強制参加の)政治集会から帰ってくるたび『今日はあの人が死んだよ』と教えられた。とにかく、周りの人がどんどん死んでいく。とても怖かった」と述べている[1]

2020年7月28日から8月10日まで、「中国・内モンゴル自治区でモンゴル語教育維持を!」とする「母語のモンゴル語教育を維持し、発展させる為に起こした署名活動」を展開し、3641人の署名を集めた[6][7]

署名結果を国連と米国関連機関に提出し中国政府に是正を求めている。

受賞[編集]

英文著作[編集]

  • Ulanhu, A Nationalist Persecuted by the Chinese Communists, Mongolian Genocide during the Chinese Cultural Revolution, Comparative Studies of Humanities and Social Sciences Graduate School of Letters, Nagoya University.
  • The Truth about the Mongolian Genocide during the Chinese Cultural Revolution, Center for Research on Asia, Faculty of Humanities & Social Sciences, Shizuoka University, Japan.
編著
  • Manuscripts from Private Collections in Ordus, Mongolia I, Mongolian Culture Studies I, International Society for the Study of the Culture and Economy of the Ordos Mongols(OMS e. V.), P402, 2000, Köln, Germany.
  • Manuscripts from Private Collections in Ordus, Mongolia II, Mongolian Culture Studies II, International Society for the Study of the Culture and Economy of the Ordos Mongols(OMS e. V.), P450, 2001, Köln, Germany.
  • Subud Erike: A Mongolian Chronicle of 1835. Mongolian Culture Studies VI, International Society for the Study of the Culture and Economy of the Ordos Mongols(OMS e. V.), P288, 2003, Köln, Germany.
  • Janggiy-a Qutughtu: A Mongolian Missionary for Chinese National Identification. Mongolian Culture Studies V (Uradyn E. Bulagと共著), International Society for the Study of the Culture and Economy of the Ordos Mongols(OMS e. V.), P90, 2003, Köln, Germany.

著作[編集]

単著[編集]

以下は近現代のモンゴル史

編著[編集]

  • 『中国以外で刊行されたオルドス・モンゴルに関する文史資料の研究』(モンゴル文) 312頁。中国内蒙古人民出版社 2001
  • 『ランタブーチベット・モンゴル医学古典名著』大学教育出版 2002
  • 『オルドス・モンゴル族オーノス氏の写本コレクション』国立民族学博物館・地域研究企画交流センター 2002年3月
  • 『蒙古源流-内モンゴル自治区オルドス市档案館所蔵の二種類の写本』204頁。モンゴル学研究基礎資料:風響社 2007 ISBN 978-4894898721
  • 『王朝から「国民国家」へ―清朝崩壊100年』勉誠出版〈アジア遊学〉2011年 ISBN 978-4585226147
  • 『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』中国書店 2016年 ISBN 978-4904213421
  • 『『十善福白史』と『輝かしい鏡』 オルドス・モンゴルの年代記』117頁。モンゴル学研究基礎資料:風響社 2018
  • 『中国が世界を動かした「1968」』藤原書店 2019年
  • 『モンゴルの仏教寺院―毛沢東とスターリンが創出した廃墟』343頁。モンゴル学研究基礎資料: 風響社 2021

共編著[編集]

  • (新間聡)『チンギス・ハーンの末裔 現代中国を生きた王女スチンカンル』草思社, 1995年7月/草思社文庫『モンゴル最後の王女―文化大革命を生き抜いたチンギス・ハーンの末裔』19年12月 ISBN 978-4794224286
  • 『チンギス・ハーンの《金書》』 Qurchabaghaturと共著(モンゴル表記出版)中国内蒙古文化出版社, 2001年6月
  • (巴図吉日嘎拉と共編 中国語)『阿爾寨石窟 成吉思汗的仏教記念堂興衰史』風響社, 2005年7月 ISBN 978-4894898707
  • (巴図吉日嘎拉と共著 中国語)『阿爾寨石窟』中国内蒙古阿爾寨石窟保護研究所, 2006年7月
  • 松原正毅小長谷有紀共編)『ユーラシア草原からのメッセージ 遊牧研究の最前線』平凡社, 2005年 ISBN 978-4582441055
  • (雲広共編)『内モンゴル自治区フフホト市シレート・ジョー寺の古文書』モンゴル学研究基礎資料:風響社, 2006年 

文革史料シリーズ[編集]

文化大革命期の内モンゴル自治区でのジェノサイドに関する基礎資料
 『モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料』風響社
  • 1.『滕海清将軍の講話を中心に』 2009年
  • 2.『内モンゴル人民革命党粛清事件』 2010年
  • 3.『打倒ウラーンフー(烏蘭夫)』 2011年
  • 4.『毒草とされた民族自決の理論』 2012年
  • 5.『被害者報告書(1)』 2013年 
  • 6.『被害者報告書(2)』 2014年 
  • 7.『民族自決と民族問題』 2015年 
  • 8.『反右派闘争から文化大革命へ』 2016年
  • 9.『紅衛兵新聞(一)』 2017年
  • 10.『紅衛兵新聞(二)』 2018年
  • 11.『加害者に対する清算』 2019年
  • 12.『モンゴル語政治資料』 2020年 
  • A Series of Cultural Revolution in Inner Mongolia, Edited by Yang Haiying, Professor of Shizuoka University, Japan, published by Fukyosha Publishing, Inc. Tokyo.
No.1, Documents about Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (1) ― The Discourse of General Teng Haiqing
No.2, Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (2) ― The Purge of the Inner Mongolian People’s Party
No.3, Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (3) ― The Overthrow of Ulanhu(Wulanfu)
No.4 Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (4) ― The Collection of Poisonous Weeds: Selections of Ulanhu’s Antirevolutionary Remarks
No.5, Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (5) ― The Testimonies of Victims(1)
No.6, Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (6) ― The Testimonies of Victims(2)
No.7, Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia (7) ― Self-determination and the Question of Nationhood
No8. Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia(8)―From the Anti-Rightist Movement to the Cultural Revolution
No9. Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia(9)―Red Guard Newspapers(1)
No10. Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia(10)―Red Guard Newspapers(2)
No11. Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia(11) ―Sanctions against Perpetrators
No12. Documents Related to the Mongolian Genocide During the Cultural Revolution in Inner Mongolia(12) ―Mongolian Political Archives
  • 台灣新銳文創出版内蒙古文革檔案 (楊海英主編,Asuru,Orgen,Seedorjiin Buyant,Uljidelger,Archa,Khuyagh,Altansuke,Tombayin,Delekei,Olhunuud Daichin共編)
1.滕海清將軍有關内蒙古人民革命黨講話集,上中下,2020年
2.有關内蒙古人民革命黨的政府文件和領導講話,上下,2020年
3.挖内蒙古人民革命黨歷史證據和社會動員,上下,2020年
4.内蒙古土默特右旗被害者報告書,2020年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g (50)静岡大教授の楊海英さん 己を見つめ生涯の仕事知る”. sankei.jp.msn.com. 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ a b iRONNA 執筆者 楊海英”. 産経新聞デジタル. 2021年2月27日閲覧。
  3. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2020年8月10日). “【話の肖像画】静岡大教授で文化人類学者・楊海英(55)(2)「黒い人間」にされた父” (日本語). 産経ニュース. 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ a b c d INC, SANKEI DIGITAL (2020年8月9日). “【話の肖像画】静岡大教授で文化人類学者・楊海英(55)(1)3つの名前と文革” (日本語). 産経ニュース. 2021年3月20日閲覧。
  5. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2020年8月20日). “【話の肖像画】静岡大教授で文化人類学者・楊海英(55)(11)異例づくし「外語大」合格” (日本語). 産経ニュース. 2021年3月20日閲覧。
  6. ^ 中国・内モンゴル自治区でモンゴル語教育維持を! Өвөр Монголын Өөртөө Засах Орны засгийн ордонд хүргэх уриалга бичиг”. mongolhel.sakura.ne.jp. 2020年11月1日閲覧。
  7. ^ 【第717回・特別版】人道的危機下の南モンゴルに関与を” (日本語). 公益財団法人 国家基本問題研究所. 2020年11月1日閲覧。
  8. ^ 楊 海英(大野 旭) - 公益財団法人大同生命国際文化基金
  9. ^ 静岡大学のホームページへhttps://tdb.shizuoka.ac.jp/RDB/public/Default2.aspx?id=10604&l=0
  10. ^ 受賞・表彰人文社会科学部社会学科 大野旭教授が第3回「国基研 日本研究賞」を受賞しました。”. 静岡大学  (2016年7月8日). 2019年7月12日閲覧。
  11. ^ 正論大賞受賞者決定”. 産経新聞 Web「正論」. 2021年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]