楊杰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楊杰
Yang Jie2.jpg
Who's Who in China 4th ed.(1931)
プロフィール
出生: 1889年1月25日
光緒14年12月24日)
死去: 1949年民国38年)9月19日
香港の旗 イギリス香港
出身地: 清の旗 雲南省大理府
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 楊杰
簡体字 杨杰
拼音 Yáng Jié
和名表記: よう けつ
発音転記: ヤン ジェー
ラテン字 Yang Chieh
テンプレートを表示

楊 杰(よう けつ)は、中華民国の軍人・外交官・政治家。ペー族(白族)。雲南派出身の軍人で、後に国民革命軍北伐で要職を務め、蒋介石の腹心と目されるようになった。しかし晩年は蒋から離れ、国共内戦に反対している。耿光

事跡[編集]

雲南派から国民軍へ[編集]

1900年光緒26年)、大理数文書院に入学し、5年後に卒業した。その後、雲南陸軍講武堂に入学し、さらに保定北洋軍官学堂に転入、軍事を学んでいる。1911年宣統3年)春、日本へ留学し、陸軍士官学校第10期砲兵科で学んだ。このときに中国同盟会に加入している。同年の武昌起義辛亥革命)勃発を受けていったん帰国し、武昌で革命派の北伐聯軍総務部次長を務めた。まもなく日本に戻って復学し、1913年に卒業した。

帰国後の楊杰は、貴州都督を務めていた雲南派指導者・唐継尭に属し、貴州武威軍歩兵第10団団長に任ぜられる。以後、貴州騎兵第1団団長、滇軍第9旅旅長、重慶衛戌司令官兼四川省政務庁庁長などを歴任した。1915年民国4年)12月、護国戦争が勃発すると、唐率いる護国軍第3軍第2梯団第5混成支隊長に任ぜられ、後に第4軍参謀長兼第1縦隊司令として四川省東部へ出撃している。護国戦争終結後、陸軍中将位を授与された。

1917年(民国6年)、楊杰は一度は北京政府で職に就いたが、まもなく昆明に戻って唐敬尭に再び属する。靖国聯軍第4軍参謀長、靖国軍中央軍総指揮兼瀘州衛戌司令、靖国聯軍高級顧問、雲南陸軍講武学校(講武堂の後身)教官を歴任した。1920年、再び日本に留学して陸軍大学校で学び、1923年に卒業した。翌年に帰国すると、奉天派指導者・張作霖の下に向かい、上校参謀に任ぜられる。同年冬に馮玉祥国民軍を結成すると、楊はその下に転じて孫岳率いる国民軍第3軍で参謀長に任ぜられた。1925年(民国14年)9月、国民軍前敵指揮官兼河南軍官教育団教育長となっている。

蒋介石腹心の軍人へ[編集]

1926年(民国15年)5月、楊杰は程潜率いる国民革命軍第6軍総参議に任命されて北伐に参戦し、まもなく第6軍第7師師長となる。翌年、第6軍副軍長に昇進した。同年に第6軍が南京を攻略すると、総司令部淮南行営主任兼総予備隊指揮官に転じている。南京事件を起こして程潜が失脚し、8月に第6軍が第18軍に改組されると、楊が同軍軍長に起用された。北伐最終盤の1928年(民国17年)3月、軍事委員会常務委員兼弁公庁主任に抜擢され、翌月には第1集団軍総司令部総参謀長に昇進している。以後、楊は蒋介石直属の腹心とみなされることになった。10月、北平憲兵学校校長に任ぜられている。

1929年(民国18年)11月、楊杰は唐生智討伐軍の総指揮に任ぜられ、これに勝利後、洛陽行営主任兼第10軍軍長に転じた。翌1930年(民国19年)2月には長江要塞総司令に起用され、同年5月に中原大戦が勃発すると、第2砲兵集団指揮官、総司令部総参謀長を歴任して、蒋介石の勝利に貢献している。1931年(民国20年)11月、中国国民党第4期中央執行委員に選出された。

1932年(民国21年)1月、楊杰は陸軍大学校長に任ぜられ、後に校長に蒋介石が就任したため楊は教育長に移ったものの、現場の指揮は楊がとっている。翌年、軍政委員会北平分会参謀長、第8軍団総指揮に任ぜられた。9月、欧州軍事考察団団長として欧州各国を歴訪し、1934年秋に帰国、陸軍大学教育長に復任している。12月、国民政府軍事委員会参謀次長、防空委員会主任を兼任した。翌1935年(民国24年)4月、陸軍中将に昇進し、11月には国民党第5期中央執行委員に再選されている。

国共内戦への反対[編集]

1937年(民国26年)8月、楊杰は実業考察団団長としてソビエト連邦を訪問した。10月、陸軍上将銜を授与される。翌1938年(民国27年)5月、駐ソ大使に任ぜられ、1940年4月まで務めた。帰国後は中央訓練団教官に任ぜられ、1944年(民国33年)には軍事代表団団長として欧米各国を再び歴訪している。翌年5月、国民党第6期中央執行委員に再選された。

日中戦争(抗日戦争)終結後、楊杰は国共内戦の推進に反感を覚え、蒋介石から離反していく。1945年中には、譚平山らと三民主義同志聯合会を結成した。その後、国民政府戦略顧問委員会、行憲国民大会代表を経て、1948年中国国民党革命委員会(民革)中央執行委員となる。以後、雲南派の元指導者である竜雲と共に香港を拠点に活動し、雲南省政府主席盧漢に起義を働きかけた。1949年(民国38年)6月には、中国共産党から中国人民政治協商会議第1期全体会議代表としての出席を呼びかけられている。

ところが同年9月19日、楊杰は香港において国民党特務機関の刺客により狙撃、暗殺されてしまった。享年61(満60歳)。1982年6月5日、中華人民共和国民政部は楊を「革命烈士」として追認している。著書に『国防新論』、『軍事と国防(原題:軍事與國防)』、『国民軍事必読』、『ソ連の国防政策(原題:蘇聯的國防政策)』、『戦争抉要』、『総司令学』、『孫子浅釈』、『欧州各国軍事考察報告』などがある。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0