楊彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楊 彪(よう ひょう、142年 - 225年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての政治家、学者。文先司隷弘農郡華陰県陝西省華陰市)の人。曾祖父は楊震。祖父は楊秉。父は楊賜(臨晋侯)。子は楊修。妻は袁術の妹。

先祖[編集]

後漢の名族である弘農楊氏は、前漢初期の楊喜(赤泉侯)や昭帝時代の楊敞丞相・安平侯)の子孫といわれるが、『漢書』において楊敞は楊喜の子孫とされておらず、実質的に弘農楊氏は楊震に起家したと考えられている(狩野直禎の説による)。

生涯[編集]

祖父は楊震の次子であるが、三公まで昇り、父もまた重職を歴任し三公となった。そのため、累世太尉とも称され、楊彪も太尉に至ったことから、後に四世太尉といわれた。

最初、孝廉に挙げられた上で、茂才に推挙された。さらに三公の府からも招かれたが、出仕しようとしなかった。熹平年間に車での迎えに応じて議郎となり、侍中京兆尹を務めた。宦官の王甫が私腹を肥やしていることを司隸校尉の陽球に告発すると、陽球が王甫の一族を捕らえて処刑したため、天下から称賛された。侍中・五官中郎将となった後、潁川南陽太守を務めた。その後、再び中央に戻り侍中に再任され、永楽少府・太僕なども務めた。

家学「欧陽尚書」を習得し教授した。朝廷内において、東観(漢の国史編纂室)で馬日磾盧植蔡邕らと同僚だったこともある。

中平6年(189年)、董卓の専横が始まると、司空司徒となった。関東の諸侯が挙兵すると、董卓は長安への遷都を実行に移そうとした。楊彪は盤庚の悪政の先例を引くなどしてこれに徹底的に反対した。このため董卓は怒り、天候の不順を理由に、司隸校尉の宣播に命じて楊彪ら反対者を全て罷免させた。後に、光禄大夫として復帰し大鴻臚となり、さらに少府・太常になったが、病気により辞職した。後に京兆尹として復帰し、光禄勲となり再び光禄大夫となった。後に再び司空となったが、地震が起こったため免職となった。

初平元年(194年)、太尉・録尚書事となった。李傕郭汜らが争う中、一時は殺害されかけたが何とか逃れ、献帝を奉じ長安を脱出し、洛陽まで逃れた。洛陽への遷都がなると尚書令に任じられた。

建安元年(196年)、献帝は曹操に迎えられに都を移した。この時、献帝の側近集団が董承以下楊彪も含め、曹操の献帝擁立及び許への遷都を望んでいなかったこともあって、楊彪は曹操から警戒された。さらに曹操が天子に拝礼した際、楊彪が色を作したので、曹操は暗殺されるのではないかと恐れたという。やがて曹操は、袁術と姻戚関係にあったことを理由に楊彪を処刑しようとした。しかし孔融らが弁護したため許された。

王沈の『魏書』によると、袁紹が楊彪や孔融を処刑するよう命令したこともあったといわれる。ただし『陳琳集』の檄文にあるように、それ以前から楊彪は曹操に嫌われていた。

建安4年(199年)、太常として復帰したが、同10年(205年)に辞職。翌11年(206年)には、曹操の命令により恩沢侯が廃止されたため、父の代に得た爵位を失った。

暫くして、楊彪は後漢の命運が尽きたと判断したため、足が曲がらなくなったという理由で二度と参内しなくなった。

子は曹操に仕えていたが、あるとき曹操の不興を買って処刑された。その後、曹操は楊彪に面会を求めた。曹操が楊彪に痩せてしまった理由を尋ねると、楊彪は「金日磾の明が自分にはなかった」と心境を説明した[1]。曹操はこれを聞いて思わず態度を改めたという。

曹丕(文帝)は禅譲により即位すると、楊彪を召し出して太尉に任命しようとした。しかし楊彪はかつて三公を務めた時に、世の乱れを正せなかったことを理由にこれを断った。このため、「徳高き老人」として表彰された上で光禄大夫に任命され、さらに几杖を与えられるなど特権待遇を与えられた。

黄初6年(225年)、84歳という高齢で死去した。

楊彪を題材とした作品[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 「子脩為曹操所殺、操見彪問曰、公何痩之甚、対曰、愧無日先見之明猶懐老牛舐犢之愛」(後漢書楊彪伝)
      なお、この箇所から「先見之明(先見の明)」「舐犢之愛」の成句が生まれた。