楊守敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
楊守敬
楊守敬の肖像画(『清代学者象伝』)

楊守敬(よう しゅけい、Yang Shoujing1839年5月27日道光19年4月15日) - 1915年1月9日)は、末の学者。字は惺吾、号は鄰蘇

人物[編集]

湖北省宜都出身。1862年挙人となり、1865年には景山宮学教習となった。金石学に通じていたが、後に駐日公使の何如璋の随員となって来日。日本では中国国内ですでに逸文となっていた古典籍(佚存書)を収集した。帰国後は勤成学堂の総教長を務めた。鄰蘇園を築き、多くの蔵書を所有していた。

欧陽詢の書風を受け継いだ能書家としても知られ、晩年は上海に寓居し、書を売って生計をたてた。また、日下部鳴鶴中林梧竹などの能書家とも親交があった。

著書[編集]

関連項目[編集]