楊万春 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
DN-SD-03-16841.jpg
艦歴
建造者 大宇重工業
玉浦造船所
運用者 Flag of South Korea.svg大韓民国海軍
計画
発注
起工 1996年
進水 1998年9月30日
竣工
就役 2000年6月30日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 駆逐艦
艦級 広開土大王級
排水量 基準 3,200t
満載 3,990t
全長 135.4m
全幅 14.2m
深さ
高さ
吃水 4.2m
機関 COGAG方式、2軸推進
* LM2500 ガスタービン × 2基(58,000HP
* ディーゼルエンジン × 2基(8,000HP)
機関出力
速力 最大速 29ノット
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 300名
搭載量
兵装 * 127mm単装砲 × 1基
* ゴールキーパー 30mmCIWS × 2基
* Mk 41VLS 16セル
* ハープーンSSM4連装発射筒 × 2基
* Mk 32 3連装短魚雷発射管 × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 リンクス × 1機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * KNTDS リンク 11
* KDCOM-I SSCS Mk 7
レーダー * AN/SPS-49(v)5 対空捜索 × 1基
* MW08 低空警戒/対水上 × 1基
* STIR-180 射撃指揮 × 2基
* AN/SPS-95K航海 × 1基
ソナー * DSQS-21BZ 艦底 × 1基
* SQR-220K曳航 × 1基
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
* SLQ-200(v)5K SONATA 電子戦装置
* KDAGAIE Mk2 チャフフレア展開装置 × 4基
愛称
モットー
その他

楊万春(ヤン・マンチュン、日本語読み:よう ばんしゅん、朝鮮語양만춘ラテン文字Yang Manchoon, DDH-973)は、大韓民国海軍駆逐艦広開土大王級駆逐艦の3番艦。 艦名は、高句麗の将軍で軍と戦った楊万春に由来する。

艦歴[編集]

「楊万春」は、KDX-Iに基づく3,200トン級駆逐艦として大宇重工業玉浦造船所で建造され、1996年起工、1998年9月30日進水、2000年6月30日に就役した。

2008年7月、リムパック2008に参加。12月24日に合同参謀本部は、イラクに派遣しているザイトゥーン部隊の撤収に伴い、車両110台や装備品など2000種類を積載した外国籍の13,000トン級貨物船を護衛するため、翌25日クウェートシュアイバ港を出港し1月中旬頃に帰国すると発表し、合わせてこの護衛作戦を通じて2009年にソマリア沖の海賊対処のために遠洋派遣の実況調査を行なうとされる[1]

2009年7月3日、日韓救難共同訓練のため「DDH-978 王建」とともに舞鶴に入港し[2]7月6日には日本海にて「DE-229 あぶくま」、「DD-111 おおなみ」、P-3哨戒機など3機とともに参加した[3][4]

母港は慶尚南道に所在する鎮海海軍基地である[5]

脚注[編集]