椴法華港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
椴法華港
所在地
日本の旗 日本
所在地 北海道函館市
座標 北緯41度49分20秒 東経141度10分07秒 / 北緯41.82222度 東経141.16861度 / 41.82222; 141.16861座標: 北緯41度49分20秒 東経141度10分07秒 / 北緯41.82222度 東経141.16861度 / 41.82222; 141.16861
詳細
管理者 函館市
種類 地方港湾
統計
統計年度 平成27年
発着数 11,815隻[1]
貨物取扱量 14,495トン[1]

椴法華港(とどほっけこう)は、北海道函館市(旧椴法華村)にある港湾。港湾管理者は函館市。港湾法上の「地方港湾」、「避難港」に指定されている。渡島半島南東端にある恵山の麓に位置しており、津軽海峡を東流してきた対馬海流暖流)と太平洋岸を南下する千島海流寒流)が合流する漁場(恵山魚田)を有する立地条件になっている[2]

港湾施設[編集]

「函館港要覧 椴法華港」参照[2]

外郭施設

  • 東防波堤
  • 北防波堤
  • 波除堤
  • 東波除堤
  • 東防波護岸
  • 北防波護岸
  • 道路護岸

係留施設

  • 東物揚場
  • 第2東物揚場
  • 第3東物揚場
  • 中央物揚場
  • 南物揚場
  • 北物揚場
  • 第2北船揚場
  • 北船揚場

沿革[編集]

椴法華港は江戸時代はじめに先人が現在の元村町に漁村を拓いたことから始まり、恵山沖を航行する船が嵐を避け、水や食料を補給するために利用していた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]