検察首脳会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

検察首脳会議(けんさつしゅのうかいぎ)とは、政治家、高級官僚が関係する汚職事件や、財界人等が関係する事件や社会的に関心の高い事件等の重要案件について、法務省検察庁の首脳たちが一堂に会して最終的な捜査方針を決定する会議の俗称のことである。戦前に重要な政策を決めた会議に倣って部内では「御前会議」とも呼ばれている[1]

会議の構成員は、検事総長次長検事最高検察庁の担当部長、事件を管轄する高等検察庁検事長地方検察庁検事正特別捜査部部長、事件担当の主任検事らが出席する。また、法務省幹部(官房長が出席することが多い[2])も出席する。

通常、会議では捜査を担当する地検側が犯罪容疑を説明し、これに対して他の構成員が疑問点を指摘したうえで、捜査を開始するべきか否か、起訴するべきか否か、日程をどう調整するか、等を議論して意思統一を図る。案件の結論は検察官同一体の原則により、必ず構成員全員による全会一致でなければ結論とならない。結論の後、法務大臣に報告して許可を求めることになる。→指揮権を参照)

ただ、近年は重要案件といえども必ずしも会議が開かれるとは限らず、地検側が高検や最高検の幹部だけに報告して了承を得るなど、検察の意思統一の仕方が簡略化しているとする情報も存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 野村二郎『日本の検察―最強の権力の内側』p.88
  2. ^ 野村二郎『日本の検察―最強の権力の内側』p.89

参考文献[編集]

関連項目[編集]