椎名ひかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しいな ひかり
椎名 ひかり
プロフィール
愛称 ぴかりん、ぴ様
生年月日 1994年11月18日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 A型
毛髪の色 赤→茶(2018年)
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 153 cm / 38 kg
BMI 16.2
スリーサイズ 82 - 56 - 80 cm
カップサイズ D
靴のサイズ 22.5 cm
備考 舌ピは右側
活動
デビュー 2009年
Ranzuki
ジャンル ファッションアイドルアーティスト
モデル内容 一般
他の活動 魔界人アイドル・MissaMissaブランドディレクター
事務所 ヴィズミック
モデル: テンプレート - カテゴリ

椎名 ひかり(しいな ひかり、1994年11月18日 - )[1]は、日本アイドルファッションモデルアーティストである。愛称は「ぴかりん」。

中学生の時にギャルモデルとしてデビューした。アニメマンガゲームコスプレといったサブカル文化が好きで、その個性的ファッションや言動からデビュー当時からファンを獲得し、ツインテールの髪型や現在のヤンデレ、病みカワ、痛コーデといった新たなファッションジャンルの先駆者となっている。

また、魔界からやってきた魔界人アイドル「椎名 ぴかりん」(しいな ぴかりん)名義でも活動している。ファンに噛みつく“噛対応”が話題に[2]。所属事務所はヴィズミック。所属レーベルはVITHMIC MUSIC(2018年 - )。

2018年10月31日に行われた、ワンマンライブ内で緊急記者会見が行われ、アーティスト名を「椎名ぴかりん」から本名である「椎名ひかり」へ変更することが発表された[3]

椎名ひかりのファンは「魔界人」と呼ばれ、魔界人の証として「グル~ミ~」を身に付けている。

魔界(ライブ)では、魔界女子は血糊セーラーの着用が推奨されている。

魔界男子は魔界のTシャツやジャージでもよい。

来歴[編集]

モデル[編集]

中学生の時にスカウトされ、2009年よりギャル雑誌「egg」「Ranzuki」「Popteen」の読者モデルとなり、ギャルなのにオタクといった個性的なファッションや内面によりティーンから人気を博し、最年少で何度も表紙を飾るようになり、様々なコラボプロデュース商品をヒットさせている。

また、2013年には日本ツインテール協会の師範代となり、自身初となるフォトスタイルBOOK「椎名ぴかりん解体新書」も人気を博し重版をかさねる。 2015年には、写真集「ひかりハタチのりょーいき」もリリースし、グラビアモデルとしても活躍。 現在では「KERA」「ZIPPER」といった雑誌にでており、レギュラーモデルとして活躍しており、テレビ等にも多数出演している。また、アーティスト活動やアパレルブランド「MissaMissa」のプロデューサーや、コスプレアニメマンガといったサブカルに特化したファッションアイコンとして日本のみならず、台湾中華圏でも支持を得ている。

アーティスト[編集]

2012年12月12日に、avex traxから「椎名ぴかりん」としてメジャーデビュー。魔界からやってきた魔界人アイドルとして話題を呼んだ。 そして、ボカロPとして絶大な人気を博す八王子Pのプロデュースにより「侵略ぴかりん伝説☆」と「とろあまちゅ」をavexよりシングルCDをリリースする。

また、2014年にはミニアルバム「漆黒の闇に染まりし歌声が貴様にも聞こえるか…」をリリース。 翌年2015年には中川翔子BiSBiSHへの楽曲プロデュースでも知られている松隈ケンタプロデュースによる2ndミニアルバム「MAKAI NO OWARI」をリリースして話題を呼ぶ。

2016年よりFORCE MUSICに移籍、2016年5月3日に「魔界心中/MITSU TO BATSU」のシングルCDをリリースし、オリコンデイリーランキング初登場11位、オリコンウィークリーランキング17位となる。2017年にはOTODAMA RECORDSに再移籍。

2018年にアーティスト名を「椎名ひかり」へ変更。所属事務所の音楽レーベルVITHMIC MUSICから、約1年半ぶりとなるシングルCD「不完全な僕と完成された社会」をリリースした。 このシングルCDでは、hyde氏への楽曲提供でも知られるPABLOが作曲し、椎名ひかり自身が作詞した「hate!hate!hate!」を始め、新たな世界が構築されている。 また、オリコンデイリーランキング初登場2位となる。

アーティスト名の変更について、激ロックのインタビュー[4]で次のように語っている。

「音楽を通してもっとひかりの世界観を表現したくなったから......魔界もそうなんですけど、"ぴかりん"って付いていると、"キャラを作っているのかな"って人間界の方に思われがちなんですよ。あくまで椎名ひかりが"椎名ぴかりん"を作り出しているだけで、その椎名ひかりの世界観を表現したくなって名前を本名にさせていただきました。雑誌"Popteen"や、最近は"小悪魔ageha"でモデルもやっていたんですけど、モデルもぴかりんも、デスボもロリボも、すべてが椎名ひかりであって、本質の椎名ひかりを表現していきたくなったんです。」

ライブの世界観を「魔界」と称し、来場するファンを「魔界人」と呼び、アイドルとは思えないデスボイスヘドバンといったパフォーマンスやファンが土下座する上を裸足で練り歩く土下座ロード等、独特な世界観を打ち出しており、台湾中国シンガポールなど海外からも招待されている。

人物[編集]

小学生の頃から見た目が派手で周りからは浮いており、友達は多くなかった。

おばあちゃん子でおばあ様と呼んでいる。

当時から派手なファッションに興味を持っておりギャル雑誌の「小悪魔ageha」とか「egg」をずっと読んでいた。

中学2年生の頃、街中でスカウトされたのをきっかけに読者モデルデビューをする。その周りに臆さない個性と言動から中学生ながら一気に人気モデルとなり、多数のファンの応援から確固たる自分の居場所を見つけ、この時から人生が大きく変わる。

趣味・特技[編集]

幼い時からホラー映画ゾンビ映画等を家族で毎夜見ており、好きな映画のジャンルは怖いもの、暗いものを好んでいる。

また、漫画も丸尾末広の「少女椿」や古屋兎丸の「ライチ☆光クラブ」などが好きである。松本光司の「彼岸島」をよく読んでいる。

ドナルドスティッチモノマネからデスボイスが得意となる。

また、ビジュアル系ロックバンドを好んで聞いており、ヘドバンも特技としている。

出演[編集]

雑誌[編集]

主なイベント[編集]

テレビCM[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

声優[編集]

  • 劇場アニメ『どーにゃつ』(2013年6月1日 - ) - ローニャ役
  • 短編ドール・アニメーション『MILPOM★』(2015年9月5日 - ) - MILPOM役

インターネット放送[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

  • 椎名ぴかりん 解体新書(角川春樹事務所)
  • 写真集「ひかりハタチのりょーいき」(ワニブックス)
  • 写真集「死春季」(Ssense)

ディスコグラフィー[編集]

シングルCD[編集]

椎名ぴかりん名義
  1. 侵略ぴかりん伝説☆(2012年12月12日、avex trax
  2. とろあまちゅ(2013年10月16日、avex trax)
  3. 魔界心中/MITSU TO BATSU(2016年5月3日、FORCE MUSIC
  4. バババーババウムクーヘン★/下僕 GEBO GEBO !!(2017年5月3日、OTODAMA RECORDS
椎名ひかり名義
  1. 不完全な僕と完成された社会(2018年11月20日、VITHMIC MUSIC

ミニアルバム[編集]

椎名ぴかりん名義
  1. 漆黒の闇に染まりし歌声が貴様にも聞こえるか…(2014年5月21日、avex trax)
  2. MAKAI NO OWARI(2015年8月26日、avex trax)

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]