椎原拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
椎原 拓也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シイハラ タクヤ
ラテン文字 SHIIHARA Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-07-09) 1980年7月9日(38歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

椎原 拓也(しいはら たくや、1980年7月9日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF

来歴[編集]

高校時代は、名門鹿児島実業で10番を背負い、高校総体などに出場した。その後、大阪ガスに入社し、関西サッカーリーグに所属する同社のサッカー部でアマチュア選手として仕事とサッカーを両立していた。

2001年Jリーグディビジョン1(J1)ジェフ市原が実施していたアマチュアチームのセレクションに合格するものの、安定した生活を捨てきれず大阪ガスに残留。その後は、大阪ガスサッカー部に在籍しながら市原のキャンプや練習に参加してきた。なお、2002年には国体サッカー成年男子の部で優勝を飾っている。

しかし、プロの夢を諦めきれず、2004年にジェフ市原に入団した。関西社会人リーグから“飛び級”でのJ1チーム入団となったが、プロとアマの差に苦しみ、公式戦出場はゼロに終わった。

2005年シーズンは、アマチュア登録として、ジェフユナイテッド市原・千葉アマチュアに所属し関東サッカーリーグを主戦場として戦いチームのJFL昇格に大きく貢献。自身も関東リーグベストイレブンに輝いた。なお、椎原は他のアマチュア選手と違い、球団職員としてジェフと契約しており、他に仕事を持っているわけではなかったのでトップチームのキャンプや練習・チームの地域密着・福祉活動等にも参加している。

2006年水戸ホーリーホックからのオファーがあり完全移籍。序盤は怪我に苦しんだものの、程なくレギュラーに定着。2007年も引き続き主力としてチームに貢献していたが、出場機会の減った2008年シーズン終了後に戦力外通告を受けチームを退団、現役引退した。

2009年からは江戸川大学体育会サッカー部でコーチを務め、2013年からは水戸葵陵高等学校サッカー部の監督に就任した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 大阪ガス 関西 -
2000 -
2001 -
2002 -
2003 -
2004 市原 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 千葉A 関東1部 11 2 -
2006 水戸 13 J2 41 2 - 1 0 42 2
2007 36 0 - 0 0 36 0
2008 11 0 - 0 0 11 0
2012 つくば 19 茨城県1部 - -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 88 2 - 1 0 89 2
日本 関東1部 11 2 -
日本 関西 -
日本 茨城県1部 -
総通算 0 0

指導歴[編集]

関連項目[編集]