植田谷本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植田谷本
植田谷本の位置(埼玉県内)
植田谷本
植田谷本
植田谷本の位置
北緯35度53分18.14秒 東経139度36分4.83秒 / 北緯35.8883722度 東経139.6013417度 / 35.8883722; 139.6013417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
西区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 2,585人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
331-0053[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
植田谷本村新田
北緯35度53分35.29秒 東経139度33分23.07秒 / 北緯35.8931361度 東経139.5564083度 / 35.8931361; 139.5564083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
西区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 11人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
331-0067[4]

植田谷本(うえたやほん)は、埼玉県さいたま市西区大字。関連する大字である植田谷本村新田(うえたやほんむらしんでん)についても述べる。郵便番号は植田谷本で331-0053[2]、植田谷本村新田で331-0067[4]

地理[編集]

植田谷本は、さいたま市西区の南部の沖積低地に位置する。地区の東側を鴨川が流れ、大規模団地である加茂川団地がある。植田谷本村新田は上新田と下新田に分かれており、上新田は治水橋付近に2ヶ所ある。荒川の瀬替えによって中央部の農家は移転した。植田谷本とは隣接していない。

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
植田谷本 1,250世帯 2,585人
植田谷本村新田 - 11人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

大字 番地 小学校 中学校
植田谷本 全域 さいたま市立植水小学校 さいたま市立植水中学校
植田谷本村新田 全域 さいたま市立馬宮西小学校 さいたま市立馬宮中学校

交通[編集]

鉄道は通っていない。大宮駅まではバスで25分ほど。

道路[編集]

施設[編集]

  • 埼玉県立大宮南高等学校
  • 明日香保育園
  • 加茂川団地[8]
  • 植田谷本自治会館
  • 加茂川団地自治会館
  • 植田谷変電所
  • 林光寺
  • 藤橋の六部堂
  • 加茂川公園(古里公園)
  • 前通公園
  • 前通北公園

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』131頁。
  6. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  7. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。
  8. ^ a b 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』昭文社、2013年、83頁。ISBN 978-4-398-60135-3

参考文献[編集]