植田尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植田 尚樹(うえだ なおき、1961年10月17日 - )は兵庫県姫路市出身のギタリスト。

プロフィール[編集]

  • 1986年6月、株式会社ファンハウス(FUN HOUSE, INC.)よりバンド『XIE-XIE』でデビュー。1987年12月解散
  • 1991年5月、株式会社ファンハウス(FUN HOUSE, INC.)よりバンド『KOZIMA』でデビュー。1993年7月解散。
  • 1994年よりフリーのミュージシャンとして活動。
  • 1995年9月、東京での演奏活動を一時休止し、姫路でIESミュージックスクール開校。
  • 1998年8月、音楽スタジオCUE建設。
  • 2004年
    • 4月、サウンドステーション(音楽教室、レコーディングスタジオ、ライブハウスの総合ビジネス)設立。
    • 8月、アコースティックギターインストルメンタルデュオ『風楽』(ふうらく)のアルバムCDを発表し、演奏活動を再開。
  • 2007年、インストルメンタル3ピースバンド『健康Ⅲ樽』(けんこうさんだる)のファーストアルバムを発表。
  • 2009年10月、ソロギタリストとして旧友佐藤克彦ら『KOZIMA』のメンバーとの東京再会ライブを皮切りに現役復帰。
  • 2013年
    • 関将と共に、『十二処泉』(じゅうにしょせん、ケントス出身のボーカル佐々木ゆかとのアコースティックユニット)や『風楽』でツアーライブを行う。
    • 近田春夫&ビブラストーンのMC、Dr.Tommyのプロデュースによる、シンガーソングライターきいちろ(日本のポピュラー音楽界初のコモンレーベルS&Lミュージック企画立案スーパーバイザー)のファーストCDアルバム「空高く天高く〜一歩ずつ一歩ずつ〜」の制作に、元シュガー・ベイブのギタリスト村松邦男らとともに参加[1]
  • 2014年7月、株式会社ゴールデン・ガッツィー より『十二処泉ファーストミニアルバム』発表[2]
  • 2016年、日本のポピュラー音楽界初のコモンレーベル"S&Lミュージック"に『十二処泉』として登録参加[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]