植村和秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植村 和秀
人物情報
全名 植村 和秀
(うえむら かずひで)
生誕 1966年????
日本の旗 日本京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学法学部卒業
学問
時代 20世紀
21世紀
研究分野 政治学
思想史政治思想
ナショナリズム論
研究機関 京都産業大学
テンプレートを表示

植村 和秀(うえむら かずひで、1966年 - )は、日本政治学者。専門は、政治思想史ナショナリズム論京都産業大学法学部教授

略歴[編集]

京都府京都市生まれ。東大寺学園高校を経て1988年京都大学法学部卒業。

1988年京都大学法学部助手、1992年京都産業大学法学部講師、1997年同助教授を経て、2004年から教授。

合同会社植村文庫業務執行社員。

放送出演[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 丸山眞男平泉澄――昭和期日本の政治主義』(柏書房[パルマケイア叢書]、2004年)
  • 『「日本」への問いをめぐる闘争――京都学派原理日本社』(柏書房[パルマケイア叢書]、2007年)
  • 『昭和史の教訓と現在の中国——国家理性の危機』(植村文庫、2008年)、私家版
  • 『昭和の思想』(講談社選書メチエ、2010年)
  • 『日本のソフトパワー 本物の<復興>が世界を動かす』(創元社、2012年)
  • 『ナショナリズム入門』(講談社現代新書、2014年)
  • 折口信夫―日本の保守主義者』(中公新書、2017年)

共編著[編集]

共著[編集]

共訳[編集]

参考文献・出典[編集]

  • 植村和秀『日本のソフトパワー: 本物の<復興>が世界を動かす』(創元社、2012年)

外部リンク[編集]