森野あるじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森野あるじ(もりの -、1971年5月24日-)は日本Flashクリエーターである。島根県出雲市出身。

Flashムービーの作成やイラストなどを手がける。特にFlashムービーでは完成度の高いアニメーションを多用した本格的なものを制作する。青池良輔ポエ山FROGMANと共に『Flashアニメ四天王』の一人と呼ばれていた。

当時ギャグ・MAD系が主流だった日本Flashアニメ界に革命を巻き起こしたと言われる。

かつては印刷関係のデザイナーをしており、Webサイトのインターフェース用にMacromedia Flashを購入したことをきっかけにFlashアニメを作り始めたという[1]

代表作は『HANOKA〜葉ノ香〜』、『つきのはしずく』、『YUKINO』、『The Mother Mars』、『ホシノ☆オニオン』など。

『HANOKA〜葉ノ香〜』はキッズステーションの「アニメぱらだいす!」内で放送された。なおラムズは本作を日本初の本格FLASHテレビアニメシリーズと謳っていたが、厳密にはTHE FROGMAN SHOWの方が先である。

『空のエトラ』をマンガノベルで連載。Web上でマンガ作品とフラッシュ作品を多言語化し、交互に配信していた。

2010年に雪乃たまごとの合作『まくら―にゃ』を公開して以来、長らく自主制作アニメを制作していなかったが、2016年に最新作『こんにゃく丸』を公開した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]