森賢吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森賢吾

森 賢吾(もり けんご、1875年明治8年)9月1日[1] - 1934年昭和9年)1月22日[2])は、日本の大蔵官僚貴族院勅選議員

経歴[編集]

佐賀県出身。1900年(明治33年)、東京帝国大学法科大学卒業。同年7月に大蔵省に入り、11月に高等文官試験に合格した。司税官・大蔵書記官・大臣秘書官・参事官・馬政局書記官・専売局主事・日本銀行監理官などを歴任した[3]。その後、財務官となりイギリスフランス駐在を命じられた。

1919年(大正8年)、パリ講和会議全権委員に任命され、翌年には国際経済会議委員や第一次世界大戦の賠償に関するジュネーヴ会議政府代表に任命された。1922年(大正11年)、ジュネーヴ経済財政会議全権委員[4]1923年(大正12年)、関東大震災が発生すると、外債募集に尽力した[1]。翌年よりアメリカ合衆国駐在を命じられた。

1927年(昭和2年)、退官とともに貴族院議員に勅選された。また東京電灯株式会社と東邦電力株式会社の顧問に就任した。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ a b 「故森賢吾叙勲ノ件」
  2. ^ 『官報』第2115号、昭和9年1月23日。
  3. ^ 『貴族院要覧』
  4. ^ 『大阪毎日新聞』1922年4月6日付[1] 神戸大学デジタルアーカイブ
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  6. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  7. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。

参考文献[編集]