森範行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 範行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1966-12-31) 1966年12月31日(52歳)
身長
体重
176 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1984年 ドラフト5位
初出場 1987年10月16日
最終出場 1995年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森 範行(もり のりゆき、1966年12月31日 - )は、東京都江戸川区出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

岩倉高時代は、3番・三塁手として活躍。エースで4番打者の山口重幸とともにチームの中軸となる。1983年明治神宮野球大会では、決勝で京都商業高を降し優勝。翌1984年春の選抜に出場し、準々決勝では石田文樹吉田剛らがいた取手二高、決勝では桑田真澄清原和博を擁するPL学園高を降して初優勝を飾った。同年夏は東東京予選4回戦で二松學舍大附高に敗退。

1984年のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズから5位指名を受け入団。

入団3年目の1987年に一軍デビュー。プロ初安打がプロ初ホームランであった。1990年に一軍に定着し、二塁手三塁手として26試合に先発出場。1992年には開幕戦から1番・遊撃手に抜擢される。小川浩一広瀬哲朗と遊撃手の定位置を争い、6月下旬から2番打者に定着。同年は74試合に先発、規定打席には届かなかったが打率.302の好成績を記録した。しかし翌1993年には広瀬にレギュラーを奪われ出場機会が減少。1996年限りで現役を引退。

引退後は、日本ハムのスカウトに就任した。現在は夫人の実家がある北海道担当スカウトの傍ら、フィールドクラブの講師としても活動している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 日本ハム 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1988 20 10 10 3 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .100 .100 .400 .500
1989 14 3 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1990 67 120 103 22 25 5 1 1 35 5 3 1 6 1 10 0 0 19 2 .243 .307 .340 .647
1991 29 34 32 3 5 2 0 0 7 1 0 0 0 0 2 0 0 7 0 .156 .206 .219 .425
1992 94 241 205 29 62 11 0 2 79 15 5 3 13 3 19 0 1 35 3 .302 .360 .385 .745
1993 27 47 46 2 5 0 0 2 11 7 0 0 0 0 1 0 0 11 0 .109 .128 .239 .367
1994 51 91 85 8 22 4 0 2 32 8 0 1 0 0 6 0 0 17 2 .259 .308 .376 .684
1995 23 43 36 4 4 0 0 0 4 1 0 0 2 0 4 0 1 10 1 .111 .220 .111 .331
通算:9年 326 591 522 73 124 22 1 8 172 38 8 5 21 4 42 0 2 103 8 .238 .295 .330 .624

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57 (1985年 - 1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]