森田銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森田銀行(もりたぎんこう)は、かつて福井県坂井郡三国町(現・福井県坂井市)に本店を置いていた銀行

歴史[編集]

1894年(明治27年)に、北前船の廻船業者であった森田家当主の森田三郎右衛門によって、個人経営の形で森田銀行が設立された。1903年(明治36年)に株式会社組織に改組。順調に業績を拡大させ、福井県内において福井銀行、同じ廻船業者設立の大和田銀行に次ぐ有力銀行の地位を占めた[1]。しかし昭和初期の金融恐慌を受けて、大蔵省と福井県は福井県内の銀行の統合を進めようとした。森田銀行、第五十七銀行、敦賀銀行、二十五銀行の4行を合併させ、若越銀行を設立しようとしたが、敦賀銀行と二十五銀行の反対で頓挫[1]。結局、森田銀行は1930年(昭和5年)に福井銀行に合併された[2]

年表[編集]

  • 1894年(明治27年)3月29日:設立。
  • 1894年(明治27年)7月2日:開業[2]
  • 1903年(明治36年)11月:株式会社に改組[2]
  • 1927年(昭和2年)11月30日:加賀銀行を合併。
  • 1928年(昭和3年)10月:勝山野村銀行を買収[2]
  • 1930年(昭和5年)12月7日:福井銀行に合併される[2]

旧森田銀行本店[編集]

旧森田銀行本店
Old Morita Bank head office exterior ac (2).jpg
情報
設計者 山田七五郎
構造形式 鉄筋コンクリート造
階数 2階建
竣工 1920年10月20日
所在地 913-0045
福井県坂井市三国町南本町3丁目3-26
座標 北緯36度12分48.9秒 東経136度08分58.5秒 / 北緯36.213583度 東経136.149583度 / 36.213583; 136.149583座標: 北緯36度12分48.9秒 東経136度08分58.5秒 / 北緯36.213583度 東経136.149583度 / 36.213583; 136.149583
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 1997年12月12日
テンプレートを表示

1920年(大正9年)に竣工した森田銀行の本店は、1997年(平成9年)12月12日に「旧森田銀行本店」という名称で登録有形文化財に登録された。鉄筋コンクリート造2階建であり、福井県内に現存する最古の鉄筋コンクリート造建築物である。設計は横浜町会所(現・横浜市開港記念会館)や長崎県庁を手がけた山田七五郎。天井には豪華な漆喰模様を施す一方、建物外観は茶系のタイル貼りで西洋の古典主義的デザイン。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『福井県史 通史編5 近現代一』福井県、1994年
  2. ^ a b c d e 『福井銀行八十年史』福井銀行、1981年

外部リンク[編集]