森田成也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森田 成也
Seiya MORITA
マルクス経済学
生誕 1965年(52–53歳)
日本の旗 日本奈良県
母校 一橋大学大学院経済学研究科
テンプレートを表示

森田 成也(もりた せいや、1965年 - )は、日本のマルクス経済学者、翻訳家

来歴[編集]

奈良県生まれ。一橋大学大学院経済学研究科博士課程満了退学。駒澤大学経済学部非常勤講師、國學院大学経済学部非常勤講師[1][2]ポルノ・買春問題研究会の中心メンバー。ポルノ被害と性暴力を考える会世話人。西島栄という別名で[3]トロツキズムを掲げた日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)が運営するトロツキー研究所の幹事を務めていた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『資本主義と性差別 ジェンダー的公正をめざして』青木書店 1997
  • 『資本と剰余価値の理論 マルクス剰余価値論の再構成』作品社 2008
  • 『価値と剰余価値の理論 続・マルクス剰余価値論の再構成』作品社 2009
  • 『マルクス経済学・再入門』同成社 2014

翻訳[編集]

  • ラニ・グイニア『多数派の専制 黒人のエンパワーメントと小選挙区制』新評論 1997
  • レフ・トロツキー『わが生涯』岩波文庫(上・下) 2000-2001。下巻は志田昇
  • キャサリン・マッキノン,アンドレア・ドウォーキン『ポルノグラフィと性差別』中里見博共訳 青木書店 2002
  • デヴィッド・ハーヴェイ新自由主義 その歴史的展開と現在』渡辺治監訳 木下ちがや,大屋定晴,中村好孝共訳 作品社 2007
  • トロツキー『レーニン光文社古典新訳文庫 2007
  • スーザン・ジョージ『アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?』大屋定晴, 中村好孝共訳 作品社 2008
  • トロツキー『永続革命論』光文社古典新訳文庫 2008
  • ニーチェからスターリンへ トロツキー人物論集「1900-1939」』志田昇共訳 光文社古典新訳文庫 2010
  • キャサリン・マッキノン『女の生、男の法』中里見博,武田万里子共訳 岩波書店 2011
  • デヴィッド・ハーヴェイ『〈資本論〉入門』中村好孝共訳 作品社 2011
    • 『〈資本論〉 第2巻・第3巻入門』同上 2016
  • デヴィッド・ハーヴェイ『資本の〈謎〉 世界金融恐慌と21世紀資本主義』大屋定晴,中村好孝,新井田智幸共訳 作品社 2012
  • デヴィッド・ハーヴェイ『コスモポリタニズム 自由と変革の地理学』大屋定晴, 中村好孝,岩崎明子共訳 作品社 2013
  • デヴィッド・ハーヴェイ『反乱する都市 資本のアーバナイゼーションと都市の再創造』大屋定晴, 中村好孝, 新井大輔共訳 作品社 2013
  • マルクス『賃労働と資本/賃金・価格・利潤』光文社古典新訳文庫 2014
  • マルクス『資本論 第一部草稿 直接的生産過程の諸結果』光文社古典新訳文庫 2016
  • トロツキー 『ロシア革命とは何か トロツキー革命論集』光文社古典新訳文庫 2017

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 森田成也さん講座「マルクスの経済学を学ぶ―その入り口へのいざない」(光文社)、2017年5月17日閲覧。
  3. ^ 森田成也訳『永続革命論』(光文社古典新訳文庫)を吟味する

参考文献[編集]

  • 森田成也 『価値と剰余価値の理論 : 続・マルクス剰余価値論の再構成』 作品社2009年ISBN 9784861822667