森田信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりた しんぎ
森田 信義
別名義 山本 正夫 (やまもと まさお)
生年月日 (1897-12-06) 1897年12月6日
没年月日 (1951-07-15) 1951年7月15日(53歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没地 日本の旗 日本 東京都世田谷区新町
職業 映画プロデューサー脚本家劇作家演出家
ジャンル 新劇劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1920年 - 1951年
配偶者 三好栄子

森田 信義(もりた しんぎ[1]1897年12月6日 - 1951年7月15日)は、日本の映画プロデューサー脚本家劇作家演出家である[1][2][3][4][5]山本 正夫(やまもと まさお)という筆名もある[4][6][7][8]

人物・来歴[編集]

1897年明治30年)12月6日兵庫県神戸市に生まれる[1][9][10][11]

非常に裕福な商家の家庭に長男として生まれ、育てられた[9][10]。父の金蔵の代から、大沢商会大沢善夫(のちのゼーオー・スタヂオ社主)の祖父とも親交があった[9]。長じて東京に移り、慶應義塾に進学する[9]。1918年(大正7年)ころ岡本綺堂に師事[9]、帝国劇場での上演台本等を書き、同人誌『群像』を主宰する[11][12]。1920年(大正9年)、当時慶應義塾の学生でのちの映画監督・山本嘉次郎やのちの脚本家・小林正の「白夜会」と協力し、栗原トーマスの講演会等を行う[12]。同学卒業後、松竹演劇部の劇団「新声劇」の責任者となり、1925年(大正14年)、3歳年上の同劇団の女優三好栄子(1894年 - 1963年)と結婚する[13][14]。1932年(昭和7年)5月、開校した日本映画演劇学校で、『芝居王国に君臨するのは誰か』という講演を行う[15]。演者は森田のほかに、山本嘉次郎、静間小次郎野淵昶、小林正らで、森田は静間や野淵、溝口健二村田実とともに同校の理事を務めた[15][16]。同年6月には、京都座佐々木邦原作を森田が脚色し野淵昶が演出した『時雨唄鈴鹿越』を、同年12月には金子洋文の作で森田が演出した『金井半兵衛追跡』を、それぞれ「新声劇」が上演した記録が残っている[17][18]

1935年(昭和10年)6月、松竹興行白井信太郎が演劇雑誌『新興演劇』を創刊、鳥江鉄也、野淵昶、山上貞一とともに編集を務める[19]。同年12月末、太秦帷子ヶ辻中開町(現在の右京区太秦堀ヶ内町)に、牧野省三の長男であるマキノ正博トーキー(映音式)のための新しい撮影所を建設した新会社、マキノトーキー製作所を設立、その第1作『江戸噺鼠小僧』の製作が同年11月に開始されるが、月形龍之介原作による同作の脚本を「山本 正夫」の名で書いている[6][8]。同社で合計4作の脚本を書いたが、マキノの回想によれば、1936年(昭和11年)4月に森田が「月形を貸してくれ」というのでレンタルしたところ、月形はマキノトーキーに戻ってこなかった、とのことである[8]。1937年(昭和12年)、京都・河原町の「エラン・ヴィタール演劇塾」に招かれ、野淵昶、伊丹万作らとともに講義する[20]。当時、森田は東宝映画に在籍しており、ゼーオー・スタヂオの作品をプロデュースした[2][8]。その後は、第二次世界大戦中も戦後も、一貫して東宝に籍を置いた[2]

1951年(昭和26年)3月、の東宝撮影所長に就任する。同年、交通事故に遭い、後遺症を得て療養中の同年7月15日東京都世田谷区新町の自宅で死去した[1][11]。満53歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべてクレジットは「製作」(プロデューサー)である[2][3]。公開日の右側には特筆する職能のクレジット[2][3]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[5][7]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

新興キネマ[編集]

配給は「新興キネマ」である[2]

マキノトーキー製作所[編集]

すべて製作は「マキノトーキー製作所」、配給は「千鳥興業」である[6]。すべて「山本正夫」名義である[6]

ゼーオースタヂオ[編集]

すべて製作は「ゼーオー・スタヂオ」、配給は「東宝映画」である[2]

東宝映画東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「東宝映画東京撮影所」、配給は「東宝映画」である[2]

東宝[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「東宝」である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 森田信義jlogos.com, エア、2012年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 森田信義日本映画データベース、2012年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c 森田信義、日本映画情報システム、文化庁、2012年12月20日閲覧。
  4. ^ a b 山本正夫、日本映画情報システム、文化庁、2012年12月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 森田信義東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月20日閲覧。
  6. ^ a b c d 山本正夫、日本映画データベース、2012年12月20日閲覧。
  7. ^ a b c 山本正夫、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月20日閲覧。
  8. ^ a b c d マキノ[1977]、p.338-374.
  9. ^ a b c d e [1953], p.209-211.
  10. ^ a b [1970], p.493.
  11. ^ a b c 岡本[1987], p.622.
  12. ^ a b 山本[1972], p.44.
  13. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『三好栄子』 - コトバンク、2012年12月20日閲覧。
  14. ^ [1970], p.502.
  15. ^ a b 国立劇場[2003], p.272.
  16. ^ 国立劇場[2003], p.268.
  17. ^ 国立劇場[2003], p.280.
  18. ^ 国立劇場[2003], p.326.
  19. ^ 国立劇場[2003], p.599.
  20. ^ 増山[2000], p.103.
  21. ^ シリーズ・日本の撮影監督 1、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月20日閲覧。
  22. ^ * 破戒 - KINENOTE、2012年12月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]