コンテンツにスキップ

森林貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森林 貴彦
慶應義塾高等学校硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都渋谷区[1]
生年月日 (1973-06-07) 1973年6月7日(51歳)
選手情報
ポジション 遊撃手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

森林 貴彦(もりばやし たかひこ、1973年6月7日[2] - )は、東京都渋谷区出身の高校野球指導者。小学校教諭慶應義塾高等学校硬式野球部監督、慶應義塾幼稚舎教諭

父は株式会社モリバヤシ代表取締役社長の森林和彦。

経歴[編集]

東京都渋谷区生まれ[2][3]慶應義塾普通部慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業[3]

現役時代には、遊撃手として活躍し、大学進学後は大学野球部には入部せずに学生コーチとして、慶應義塾高校で指導[3]

大学卒業後はNTTで一般のサラリーマンとして勤務[4]。その後、高校野球の指導者を志し3年で退職[5]。社会人1年目から高校野球指導者を志し退職を検討していたという[5]

NTT退職後は、筑波大学に入学[5]。1年目は学部の授業に出席し、大学院の社会人入試に合格したため、2年目から大学院体育研究科コーチ学専攻へ進学。大学院ではコーチング論研究室に所属しコーチングを学ぶ[5]。筑波大学には3年間在籍し修士号を取得。修士論文のタイトルは「主観的努力度の変化が野球のピッチングパフォーマンスに及ぼす影響」[6]。筑波大学在学中は、つくば秀英高校野球部でコーチを務めた経歴を持つ[5]

筑波大学で中学・高校の保健体育の教員免許を取得後、慶應義塾幼稚舎の体育科講師に着任。翌年、明星大学通信教育課程で小学校教員免許を取得し、慶應義塾幼稚舎の専任教諭となる[7]

2012年から慶應義塾高校野球部助監督を兼務し、2015年8月に同監督に就任[4]2018年春には9年ぶりの選抜大会に出場し、同年夏にも10年ぶりに選手権大会に出場している[4]

2023年夏の第105回全国高等学校野球選手権大会では、慶應義塾高校野球部監督として、同校を107年ぶり2回目の優勝に導いた[8][9]

著書[編集]

著名な教え子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神奈川高校野球、新春3監督座談会(上) 伝統継承、未来を“激論” | 高校野球”. カナロコ by 神奈川新聞. 2022年9月13日閲覧。
  2. ^ a b 加藤弘士「【甲子園】エリート会社員生活から家賃3万5000円のアパートへ 慶応・森林貴彦監督、消えなかった高校野球への情熱」『スポーツ報知』、2023年8月24日。2023年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c 森林貴彦”. 慶應義塾高等学校硬式野球部. 2022年1月8日閲覧。
  4. ^ a b c 森林貴彦”. 2022年1月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e “慶応・森林監督に聞く NTT社員から指導者を目指した理由”. 日刊ゲンダイ. (2018年8月11日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/235258 2022年1月8日閲覧。 
  6. ^ [https://www.tsukuba.ac.jp/news/20230824163134.html 慶應義塾高校 森林貴彦 野球部監督へのメッセージ! (筑波大学)]
  7. ^ 慶應高校野球部監督 「幼稚舎教諭との二刀流」とその野望
  8. ^ 高校野球 慶応 107年ぶり優勝 仙台育英 連覇ならず
  9. ^ 慶応が優勝 107年ぶり2度目 仙台育英は連覇逃す 甲子園
  10. ^ 慶應義塾高等学校野球部 森林貴彦”. 慶應義塾高等学校野球部. 2023年8月24日閲覧。
  11. ^ 【ソフトバンク】慶応幼稚舎初のプロ野球選手誕生 ドラ3の慶大・広瀬隆太、飛躍のきっかけは森林貴彦監督の言葉」『スポーツ報知』、2023年11月30日。2023年12月1日閲覧。