森村あすか (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森村 あすか(もりむら あすか)は、日本漫画家1970年代中期から1980年代にかけて少女漫画誌を中心に活躍した。夫は漫画家の森村たつお

同姓同名のAV女優と混同されることもあるが、別人である。

代表作としてはアニメ『ラ・セーヌの星』のコミカライズ作品などがある。

主な作品[編集]

  • ラ・セーヌの星(小学館)1-3巻(未完)
  • 邦ちゃんの悩み相談室(学研[1] - 単行本としては以下の2冊発行
    • ひとりぼっちのわたし
    • わたしだけの初恋
  • 恋です春一番(秋田書店

脚注[編集]

  1. ^ 学年誌にて山田邦子が読者の悩みに解答していくコーナーでイラストを担当していた