森本草介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森本 草介
もりもと そうすけ
生誕 1937年8月14日
日本の旗 日本 朝鮮全羅北道
死没 2015年10月1日(満78歳没)
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 絵画洋画
代表作 『森本草介展図録』 (1977)
『森本草介画集』 (1984)
『光の方へ』 (2012)

森本 草介(もりもと そうすけ、1937年8月14日 - 2015年10月1日)は、日本洋画家である。

生い立ち[編集]

1937年昭和12年)、画家・森本仁平の長男として朝鮮全羅北道に生まれる[1]大東亜戦争中の1943年(昭和18年)に内地へ帰ったものの再度朝鮮へ戻り、1945年(昭和20年)に日本が敗戦すると、一家での逃避行を強いられた。岩手・東京で育つ[1]。子の森本純(1970- )も画家で美人画を描く。

経歴[編集]

1951年(昭和26年)墨田区堅川中学校へ転入学。

1958年(昭和33年)、東京芸術大学絵画科油画専攻入学し、在学中の1961年(昭和36年)に安宅賞を受賞した。1962年(昭和37年)に大学を卒業すると専攻科に進んで翌年に修了、東京芸術大学の助手となった。

1963年(昭和38年)国画会第37回展に初出品し、初入選[1]1966年(昭和41年)には国画賞を受賞、助手職を辞した。

1969年(昭和44年)、国画会会員に推挙される[1]

1969年(昭和44年)、「十騎会」の結成に加わる。静物画、風景画に、精密な画法で評価を得るが、1979年(昭和54年)頃、女性画のモデルを発見、以後このモデルを使って裸婦、着衣婦人画を数多く制作する。

森本の作品の最大の収集者は千葉県千葉市のホキ美術館であり、同館には森本の作品32点が収蔵・展示されている[2]

2015年平成27年)10月1日、心不全のため鎌ヶ谷市の自宅にて死去。78歳没[3]

画集[編集]

  • 『森本草介展図録』日動画廊 1977年
  • 『森本草介画集』講談社 1984年
  • 『森本草介画集』求龍堂 1995年
  • 『光の方へ 森本草介(画集)』求龍堂 2012年

参考文献[編集]

  • 『写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く』安田茂美・松井文恵著 ホキ美術館監修 生活の友社 2015年11月1日 ISBN 978-4915919978

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「追悼・森本草介」、『月刊アートコレクターズ2015年12月号』第8巻第12号、生活の友社、 12-17頁、2015年12月10日閲覧。
  2. ^ 「ホキ美術館について」 ホキ美術館の案内書(2011年5月版)
  3. ^ “洋画家の森本草介氏が死去”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月17日). http://www.sankei.com/life/news/151017/lif1510170013-n1.html 2015年10月17日閲覧。