森本将太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森本 将太
Morimotoshouta bs 20150501.JPG
オリックス時代
(2015年5月1日 神戸第二サブ球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県坂井市
生年月日 (1992-05-25) 1992年5月25日(26歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2012年 ドラフト5位
初出場 NPB / 2013年3月30日
最終出場 NPB / 2015年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森本 将太(もりもと しょうた、1992年5月25日 - )は、福井県坂井市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生で野球を始めると、中学生時代には福井ブレイブボーイズに所属していた[1]

福井工業大学附属福井高校への進学後は、1年時からベンチ登録を果たすと、2年春からエースに定着。2年夏の福井県大会では、敦賀気比高校との決勝戦で7回2失点と好投したが、全国大会への出場を逃した。ちなみに、この試合で互角の投げ合いを演じた山田修義とは、後に入団したオリックスバファローズでチームメイトになっている。

しかし、高校2年の冬に肩を痛めた影響で、3年時には2番手投手に降格。夏の県大会では、福井商業高校との準決勝に救援で登板したが、逆転負けを喫した。さらに、この大会を最後に、野球を辞めることを決意。大学の野球部や社会人野球のチームからの誘いを断る一方で、野球関連以外の企業から入社の内定を得た[2]

BCリーグ・福井時代[編集]

野球に厳しい実父の強い意向(詳細後述)を受けて、「2年だけ野球を続ける」という条件[3]で、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の地元球団である福井ミラクルエレファンツの入団テスト[2]に参加。このテストへの合格を経て、入団に至った[4]

入団1年目の2011年には、リーグ戦で3勝6敗という成績にとどまった。しかし、2012年には、リーグ戦21試合に登板。10勝9敗、リーグ3位の防御率1.98、リーグ2位の128奪三振とエース格の働きを見せた[4]ほか、チームを地区優勝に導いた[2]

2012年のNPBプロ野球ドラフト会議で、オリックス・バファローズから5巡目で指名。契約金2,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した[5]。この会議では、チームメイトの西川拓喜も、オリックスからの育成ドラフト2巡目指名を受けて入団。しかし、BCリーグから支配下登録選手として指名された選手は、森本だけであった。

オリックス時代[編集]

2013年には、春季キャンプを二軍で迎えたものの、オープン戦の途中から一軍に昇格。登板6試合(5回3分の2イニング)で1失点という好成績を挙げた末に、新人選手では唯一の開幕一軍登録を勝ち取った[3]。公式戦の開幕後には、救援投手として主にビハインドでの場面で登板したが、防御率8.10という不調で4月に登録を抹消。6月に再び登録されると、7月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡ヤフオク!ドーム)で一軍初勝利を挙げた。一軍公式戦全体では、25試合の登板で2勝1敗1ホールドをマーク。防御率は5.90で、奪三振(25)とほぼ同数の与四球(22)・失点(20)を記録するなど、制球面で課題を残した。

2014年には、フレッシュオールスターゲームウエスタン・リーグ選抜のメンバーとして登板[6]。一軍公式戦への登板機会はなく、同リーグの公式戦でも、20試合の登板で1勝6敗、防御率6.12という成績にとどまった。

2015年には、一軍公式戦2試合に登板。ウエスタン・リーグ公式戦では、29試合の登板で、0勝4敗、防御率5.55を記録した。

2016年には、ウエスタン・リーグ公式戦23試合の登板で、1勝0敗、防御率7.94をマーク。しかし、一軍公式戦への登板機会がないまま、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[7]。この通告を機に、現役を引退。12月2日に、NPBから自由契約選手として公示された[8]

現役引退後[編集]

地元の福井県で一般企業に勤務しながら、出身チームの福井ブレイブボーイズでコーチを務めている[9]

選手としての特徴[編集]

身長173cmと小柄な身体から、スリークォーターで投げ込む最速150km/h台のストレート[5]、打者に『一瞬消えた』と思わせるほどの切れ味を持つスライダー[2]、カーブが武器。「2年だけ野球を続けるつもりだったので、BCリーグのレベルを舐めていた」という福井時代の1年目には、3勝に終わったリーグ戦の終了後に、投球フォームを右肩へ負担のかからないように改良した。さらに、走り込みなどのトレーニングに励んだ結果、60キログラム台だった体重が70キログラムに増加。最速151km/hのストレートを投げられるようになった[4]

人物[編集]

小中学校時代には、野球の練習へ行くことを嫌がるたびに、実父から練習に連れて行かれた。しかし、高校で野球を辞めることを実父に伝えたところ、実父から「プロ野球選手になる可能性があるのに諦めてほしくないから、野球を続けて欲しい」と懇願された。森本自身は、オリックスへの入団直後に、「『巨人の星』の星一徹みたいだった実父に頭を下げられた以上、野球を続けるしかなかった。その時点で大学や社会人野球チームのセレクション(選考試験)がすべて終了していたため、福井の入団テストに参加したところ、運良く拾ってもらった」「子どもの頃から『小さいから通用しない』と言われていたが、高校でも福井でも何とかなった」と語っている[2]

福井時代の2012年に結婚。オリックスへ入団した翌2013年の春季キャンプ中(2月)に、第1子(長男)を授かった[3]。このような事情から、2013年中には、家族を福井に残したまま関西地方で単身生活を送っていた[2]

オリックスの地元放送局・毎日放送へ2015年に入社したスポーツアナウンサーの森本尚太(以下「尚太」と略記)と姓名の読み方が一致する縁で、2016年2月の春季キャンプ期間中に、尚太から自身へのインタビュー取材が初めて実現。同月10日(水曜日)の『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ平日午後の情報番組)で尚太が生中継でキャンプリポートを担当した際に、このインタビューを収録したVTRが放送された[10][11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 オリックス 25 0 0 0 0 2 1 0 1 .667 144 29.0 34 0 22 0 2 25 3 0 20 19 5.90 1.93
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 15 2.0 4 2 4 0 1 2 0 0 4 4 18.00 4.00
通算:2年 27 0 0 0 0 2 1 0 1 .667 159 31.0 38 2 26 0 3 27 3 0 24 23 6.68 2.06

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]
















































W
H
I
P
2011 福井 24 3 6 1 3 .333 88.0 386 78 6 69 45 8 49 37 9 2 2 3.78 7.06 1.40
2012 21 10 9 0 5 .526 136.2 579 105 2 128 55 12 52 30 15 1 4 1.98 8.46 1.17
通算:2年 45 13 15 1 8 .464 224.2 965 183 8 197 100 20 101 67 24 3 6 2.69 7.91 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 64 (2013年 - 2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ ドラフト指名に感謝と決意 エレファンツの森本、西川
  2. ^ a b c d e f 羽ばたく 福井から「スライダー武器に夢舞台」(『読売新聞』福井県版2013年1月5日付記事)
  3. ^ a b c 特集&インタビュー オリックス・森本将太投手 #64「守るものが増え、さらに成功したい!」(『週刊ベースボールONLINE2013年4月9日付記事)
  4. ^ a b c 「2012ドラフト指名選手CLOSE UP オリックス5位森本将太」『週刊ベースボール』2012年12月31日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20445-12/31 56-57頁。
  5. ^ a b 森本投手が2500万円で仮契約 オリックスと背番号は64
  6. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2014出場者
  7. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  8. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  9. ^ 福井で育ち福井の球団からNPB 元オリックス森本将太さんの軌跡”. 福井新聞 (2017年3月23日). 2017年7月12日閲覧。
  10. ^ 毎日放送公式サイトアナウンサーページ内の森本尚太公式ブログ『勇壮活発 めざせ!!表現者』2016年2月8日付記事「Baseball&Volleyball」
  11. ^ gooTV『ちちんぷいぷい』2016年2月10日放送分「ヤマヒロの★印」(第2部)を参照。
  12. ^ “【オリックス】森本が鮮烈デビュー”. ニッカンスポーツコム. (2013年3月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130330-1105303.html 2014年5月11日閲覧。 
  13. ^ “【オリックス】森本プロ初○「奥さんに」”. ニッカンスポーツコム. (2013年7月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130712-1156417.html 2014年5月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]