森本元子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森本 元子(もりもと もとこ、1912年7月30日 - 1992年12月17日)は、日本国文学者

人物[編集]

東京市下谷区出まれ。明治天皇崩御の日に生まれ、同日大正元年とされたため、元子と命名された。1934年東京女子高等師範学校卒。在学中、創立された紫式部学会に入会、池田亀鑑に師事する。また短歌結社「からまつ」に入り、アララギ相沢正一に師事。卒業後、長崎県女子師範学校、神奈川県女子師範などで教える。戦後、1947年、歌集『朝かげ』を上梓、1948年、母校の附属高等女学校教師。1950年エドワード・サイデンステッカーより『蜻蛉日記』の英訳について相談を受ける。和歌文学日記文学専攻。1970年より相模女子大学教授を務め、NHKラジオの古典文学講座なども担当した。1980年、「私家集と新古今集」で日本大学文学博士関根慶子と並び、戦後の女性研究者の先駆的存在であった。

著作[編集]

単著[編集]

  • 私家集の研究 明治書院, 1966
  • 私家集と新古今集 明治書院, 1974
  • 俊成卿女の研究 桜楓社, 1976
  • 二条院讃岐とその周辺 笠間書院, 1984
  • 私家集の女流たち 現し身の恋 教育出版センター, 1985
  • 古典文学論考 枕草子和歌日記 新典社, 1989

校注等[編集]

  • 小侍従集・二条院讃岐集 古典文庫, 1958
  • 俊成卿女全歌索引 武蔵野書院, 1977
  • 讃岐典侍日記全訳注 講談社学術文庫, 1977
  • 十六夜日記・夜の鶴 阿仏尼 講談社学術文庫, 1979
  • 定頼集全釈 風間書房, 1989
  • 殷富門院大輔集全釈 風間書房, 1993

記念論集[編集]

  • 和歌文学新論 明治書院, 1982