森本あんり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森本 あんり(もりもと あんり、1956年10月19日[1] - )は、日本の神学者牧師[2]国際基督教大学名誉教授。2022年4月1日より東京女子大学・第17代目学長[3][4]。男性。

経歴・人物[編集]

神奈川県生まれ[2]。父親は画家・グラフィックデザイナー[5]東京都立小石川高等学校を経て[6]、1979年国際基督教大学人文科学科卒[7]。1982年東京神学大学大学院組織神学修士課程修了[7]。1982 - 1986年日本基督教団松山城東教会牧師[7]。1991年アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国プリンストン神学大学院博士課程修了(組織神学)、Ph.D[7]

1991年国際基督教大学牧師、1997年同凖教授、2001年教授、2012年-2020年[4]同大学学務副学長[7]。2022年4月1日より東京女子大学・第17代目学長(任期は4年間)[3][4]

1996年『ジョナサン・エドワーズ研究』(創文社)で第1回アメリカ学会清水博賞受賞[8][9]。2002年以降、プリンストン大学カリフォルニア大学バークレー校で客員教授を務める[7]

小田嶋隆とは小中高[注 1]の同級生[注 2]であり、親しい友人だった[12][6]

著書[編集]

共著編[編集]

翻訳[編集]

  • H.ミューラー『福音主義神学概説』雨宮栄一共訳 日本基督教団出版局 1987
  • G.デコスタ編『キリスト教は他宗教をどう考えるか ポスト多元主義の宗教と神学』教文館 1997
  • ジェフリー・S.サイカー編『キリスト教は同性愛を受け入れられるか』監訳 日本キリスト教団出版局 2002
  • エミール・ブルンナー『出会いとしての真理』五郎丸仁美共訳 教文館 2006
  • ピーター・L.バーガー『現代人はキリスト教を信じられるか 懐疑と信仰のはざまで』篠原和子共訳 教文館 2009
  • J.P.バード『はじめてのジョナサン・エドワーズ』教文館 2011

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東京都北区立赤羽小 ー 同・岩淵中 ー 都立小石川高[10]
  2. ^ 高校では、森本はA組・小田嶋はI組だったので[11]、厳密には、同期生だが同級生ではない(小石川高校では3年間組替えをしない)。

出典[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ a b 森本あんり 『反知性主義』 新潮社〈新潮選書〉、2015年5月、著者紹介。
  3. ^ a b 森本あんり学長が就任しました”. 東京女子大学 (2022年4月1日). 2022年4月1日閲覧。
  4. ^ a b c “東京女子大学、新学長にICU教授の森本あんり氏”. クリスチャントゥディ. (2021年12月2日). https://www.christiantoday.co.jp/articles/30288/20211202/tokyo-womans-christian-university.htm 2022年1月1日閲覧。 
  5. ^ 森本あんり「老いても人を驚かす」(『文藝春秋』2017年2月号、P.428「オヤジとおふくろ」)。
  6. ^ a b 反知性主義 森本あんり :日本経済新聞”. 日本経済新聞社. 2018年1月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 森本あんり 経歴”. 森本あんり. 2018年1月16日閲覧。
  8. ^ 清水博賞 受賞者リスト - アメリカ学会” (日本語). www.jaas.gr.jp. 2018年9月9日閲覧。
  9. ^ 清水博賞 - アメリカ学会” (日本語). www.jaas.gr.jp. 2018年9月9日閲覧。
  10. ^ <『文藝春秋』2016年5月号・巻頭グラビア「同級生交歓」。
  11. ^ 「追悼 岡康道(027I)のいた時代」(PDF) -『紫友同窓会会報』第49号(2021年9月10日)、p.35-37。小田嶋(027I)、森本(027A)が追悼文を寄稿。[1] (URLは紫友同窓会ではなく森本勤務先の個人サイト)
  12. ^ 森本あんり,小田嶋隆|森本あんり×小田嶋隆「ラジオの街で逢いましょうプラス1」”. Radio Cafe, Inc.. 2018年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]