森山新五左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森山新五左衛門

森山 新五左衛門(もりやま しんござえもん、天保14年(1843年) - 文久2年4月24日1862年5月22日))は、幕末薩摩藩士。同藩士の豪商森山新蔵永賀の長男。名は永治

森山家は元来商家であったが、弘化4年(1847年)父の代に豪商森山新蔵が私費で東方大丸太鼓橋を竣工させたことや鹿児島藩の財政再建に貢献した功績によって、森山は武士に取り立てられ士籍に列する事になった。その後は西郷隆盛大久保利通など幕末に活躍した多くの鹿児島藩士を資金面で助けました。新五左衛門も武術を好み、薬丸自顕流剣術の達人でもあった。

文久2年(1862年)尊王攘夷を志して坂本彦右衛門・山本四郎・指宿三次大脇忠左衛門らと鹿児島を脱し、有馬新七田中謙助らと関白九条尚忠京都所司代酒井忠義の襲撃を企てるが、島津久光の派遣した鎮撫使と京都寺田屋で衝突して重傷を負う(寺田屋事件)。翌日、藩命に背いて抵抗した事を咎められて切腹させられた。20歳。

従四位。墓所は京都市伏見区大黒寺