森国五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 国五郎
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大分県
生年月日 1919年9月1日
没年月日 1945年
身長
体重
164 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1941年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森 国五郎(もり くにごろう、1919年9月1日 - 1945年)は、大分県出身のプロ野球選手

来歴・人物[編集]

旧制大分商業(現:大分県立大分商業高等学校)では、1938年南九州大会を制覇し第24回全国中等学校優勝野球大会に出場した。1回戦では、チームメイトの浦野隆夫台北一中ノーヒット・ノーランを達成するも、2回戦で旧制平安中学に敗れた。1939年大阪タイガースに入団した。1年目から54試合に出場し、その後1941年までの3年間50試合以上に出場と、活躍していたが、1941年オフに徴兵され退団し、1945年に戦死した。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

プレースタイル[編集]

俊足・好守の外野手であった。打撃の面では、1941年シーズンに記録した.227は、田中義雄の.229に続くチーム2位の打率であった[1]。しかし、長打力は低かったようで、俊足の割に単打が多かった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 大阪
阪神
51 56 49 6 7 0 0 0 7 4 3 -- 1 1 5 -- 0 8 -- .143 .222 .143 .365
1940 77 158 140 6 27 0 1 0 29 13 1 -- 11 2 5 -- 0 18 -- .193 .221 .207 .428
1941 68 246 220 17 50 3 0 0 53 7 4 -- 8 -- 17 -- 1 20 -- .227 .286 .241 .527
通算:3年 196 460 409 29 84 3 1 0 89 24 8 -- 20 3 27 -- 1 46 -- .205 .256 .218 .474
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 32 (1939年 - 1941年)

脚注[編集]

  1. ^ この頃は、戦中の質の悪いボールなどが原因で、総じて打率が低く、打率10位で山田伝阪急)の.234であり、森の打率が極端に悪いとは言えない。

関連項目[編集]