森九兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
森九兵衛
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
主君 石田三成
氏族 森氏

森 九兵衛(もり くへえ)は、安土桃山時代武将。実名は不明。若江八人衆の一人。


慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍の織田秀信が守る美濃岐阜城が奪われたので、その気勢を挫こうと、舞兵庫杉江勘兵衛らと兵一千を率いて合渡川で東軍を要激したが、利あらず、退却して梅野でも防戦したが、ここでも支えかねて大垣城に退却した[1]

9月15日の本戦にも石田隊の先鋒として柵の前に陣列して戦った。生没不明(『関原軍記大成』)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 安藤英男齋藤司「石田三成家臣団事典―三成をめぐる九十二名―」(安藤英男編『石田三成のすべて』新人物往来社、1985年)212頁