森中蕃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もりなか しげる
森中 蕃
Shigeru-Morinaka20100403.jpg
生誕 (1934-11-29) 1934年11月29日(87歳)
日本の旗 日本兵庫県神戸市
国籍日本の旗 日本
職業実業家馬主
肩書き光証券株式会社 前代表取締役会長

森中 蕃(もりなか しげる、1934年11月29日[1] -)は日本の実業家。兵庫県神戸市出身[2]。神戸市中央区にある証券会社「光証券株式会社」の前代表取締役会長[3]。また中央競馬地方競馬馬主であり[3]小田切有一細川益男らとともに珍馬名の名付け親として知られる。

経歴[編集]

馬主[編集]

かつて宝石の卸売りをしていたことがあり、その時の仲間で馬を持とうということになり1970年代から馬主として活動している[6]。阪神馬主協会の会長を経て[7][3]、2022年現在日本馬主協会連合会の相談役を務めている。所有馬の世代の区別を付けるため[3]、1995年頃からは毎年決まったテーマで馬名を付けている(一部例外あり)。冠名は「シゲル[3]勝負服は緑、赤星散、赤袖。

モットーは「安くて走る馬を見つける」。馬を選ぶポイントについて、「一番大切にしているのは歩様。前脚が来た後に、後ろ脚がグッと踏み込んでこないといけない」「馬主さんによっては顔がいいとか、いろいろ言うけど自分は踏み込みですね」と語っている[8][6]

主な所有馬[編集]

エピソード[編集]

  • 中央競馬の未勝利戦では所有馬が複数出走することがよくあり、2011年7月24日京都1R[21]8月14日小倉2R[22]9月3日の小倉1R[23]9月11日阪神1R[24]で「シゲル馬」が5頭出走したことがある。
  • 最初に「シゲル」を冠したのは1973年産のシゲル、シゲルハナ、シゲルランの3頭だった。1987年産の1頭にシゲルシゲルがいる[25]
  • 中央競馬の重賞1995年にシゲルホームランがセイユウ記念を制して以降長く勝っていなかったが、2012年新潟ジャンプステークスシゲルジュウヤクが優勝し、約17年ぶりに重賞を制した[3]。その間には2010年の小倉2歳ステークス(芝1200m)でシゲルキョクチョウがスタートから逃げ最後の直線で3馬身のリードを取ったが、ゴール前でブラウンワイルドにハナ差かわされ2着に敗れるという競走もあった。その後も、シゲルピンクダイヤ2019年桜花賞を2着、秋華賞を3着など好走したものの平地重賞競走は制覇できずにいたが、2021年のフィリーズレビューをシゲルピンクダイヤの半妹シゲルピンクルビーが優勝し[26]、サラブレッド系の平地重賞初制覇となった。
  • 地方では2014年1月5日佐賀競馬で出走馬8頭のうち半数以上の5頭が「シゲル馬」というレースがあり、そのレースで1・2・3着を独占した[27]
  • 2015年12月5日の阪神5R・新馬戦でシゲルマグロが最後の直線で競走中止し左手根骨粉砕骨折で予後不良、その10分後の中山6R・新馬戦ではシゲルサバが右寛跛行を発症し向正面で競走中止(のち2戦で登録抹消)し、東西の新馬戦で相次いで所有馬が故障する悲劇に見舞われた。
  • 2019年のインタビューで、思い出に残っている馬としてシゲルホームランの他にシゲルリジチョウを挙げている。「土川さん(土川健之元JRA理事長)に“リジチョウって付けとくわ”って話してたら勝った。“リジチョウが走ったで”って言ったら喜んでいました(笑)」と語っている[6]
  • 次の年の馬名のシリーズを何にするかは、だいたい夏頃までに決めている。スポーツ報知で馬名を募集したこともあり、記者から提案された「中華料理」「お菓子」「スポーツ」「相撲の決まり手」などは、「格好悪い」「当たり前な感じで面白くない」とすべて却下している。いいところまで行ったのが「家電」だったが、「これにしようと思ったけど、シゲルレイゾウコと言ったら周りの何人かに笑われたのでやめた」という[28]。2020年産ではスポーツ報知の読者が応募したシゲルショウタイム、シゲルオトコギ、シゲルゴキゲンなどが採用されている[29]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1勝馬ではあるが桜花賞のほかにチューリップ賞中日新聞杯(2020年)で2着と重賞での2着が計3回あり収得賞金を得ていることからオープンクラスとなっている。また、重賞での3着も3回ある('19秋華賞、'19ターコイズステークス、'21中日新聞杯)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 第8期 有価証券報告書 (PDF)大阪証券取引所、2009年6月19日、43頁。
  2. ^ 【桜花賞】森中蕃オーナー、シゲルピンクダイヤで初舞台初G1奪取だ!桜も『令和』由来梅の花もピンク「縁起いい」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 今年は星座名!イルカザ、重賞で輝く!!…シゲル軍団・森中オーナーに聞く” (日本語). スポーツ報知. 報知新聞社 (2012年8月21日). 2012年8月27日閲覧。
  4. ^ 第93回定時株主総会招集ご通知 (PDF)大阪証券金融、2007年6月8日、39頁。
  5. ^ 業務及び財産の状況に関する説明書【2021年3月期】
  6. ^ a b c 【オークス】ピンクダイヤ、ファンに夢をロマンを 森中蕃オーナー単独インタビュー
  7. ^ 阪神馬主協会
  8. ^ 【桜花賞】シゲル軍団総帥・森中蕃オーナー、シゲルピンクルビーで悲願のG1制覇狙う
  9. ^ a b c d 和田美保 (2010年6月16日). “珍馬名の「シゲル」、今年は「役職」で” (日本語). 日刊スポーツ. 2011年10月8日閲覧。
  10. ^ a b c 高岡功 (2010年3月31日). “トレセン発(秘)話「シャチョウより強い?シゲルセンム」” (日本語). 東京スポーツ. 2011年10月8日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 【NHKマイルC】シゲル軍団 現3歳は果実名” (日本語). スポーツニッポン (2012年5月2日). 2012年8月27日閲覧。
  12. ^ 「競馬ミクロ・アイ」『優駿』、日本中央競馬会、2014年4月、 158頁。
  13. ^ 【阪神新馬戦】今年は魚軍団!シゲルシマアジ、坂口師“開幕V”狙う” (日本語). スポーツニッポン. 2016年3月8日閲覧。
  14. ^ アメジスト、エメラルド、ガーネット、サファイア、スタールビー、スピネル、トパーズ、トルマリンなどを再使用している。
  15. ^ 2010年産の「星座」シリーズで使用したオリオン座、おとめ座、さそり座、くじゃく座などを再使用している。
  16. ^ シャチョウ、カカリチョウ、リジチョウ、ソウサイなどを再使用している。
  17. ^ 他にローズマリーなどの「植物」、ヒバリなどの「鳥」もあり、例年になくバラバラである。
  18. ^ ノーザンファーム生産の高額馬限定
  19. ^ “シゲルカガが逃げ切り重賞初制覇/北海道スプリントC・門別”. netkeiba.com. (2015年6月11日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=99116 2015年12月7日閲覧。 
  20. ^ “シゲルスダチ亡くなる、後藤騎手『最期を見守れたことが心の慰めです』”. netkeiba.com. (2014年11月10日). https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=92582 2020年1月2日閲覧。 
  21. ^ 2011年7月24日(日)京都1Rサラ系2歳未勝利
  22. ^ 2011年8月14日(日)小倉2Rサラ系2歳未勝利
  23. ^ 2011年9月3日(土)小倉1Rサラ系2歳未勝利
  24. ^ 2011年9月11日(日)阪神1Rサラ系2歳未勝利
  25. ^ シゲルシゲル
  26. ^ 【フィリーズR】シゲルピンクルビー 重賞初制覇!姉に続いて桜切符獲得” (日本語). スポーツニッポン (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  27. ^ 2014年1月5日 佐賀競馬1R 3歳-9組
  28. ^ 来年のシゲル2歳馬は役職シリーズ復活 21年の馬名シリーズを大募集
  29. ^ 【POG特集】本紙読者が名付け親「シゲル軍団」期待のシゲルショウタイム、エンゼルス・大谷級の特大弾狙う

外部リンク[編集]