森三千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 三千代(もり みちよ、1901年4月19日 - 1977年6月29日)は、詩人、作家。金子光晴の妻。

愛媛県生まれ。東京女子高等師範学校中退[1]。翻訳家・森乾は息子。昭和初年、フランスなど世界各地を放浪し多くの小説を書いた。1950年以降は内外の古典の再話が主となった。

著書[編集]

  • 竜女の眸 詩集 紅玉堂書店 1927
  • ムヰシュキン公爵と雀 詩集 私家版 1929
  • 東方の詩 図書研究社 1934
  • 巴里の宿 小説集 砂子屋書房 1940
  • 南溟 河出書房 1940 
  • あけぼの街 昭和書房 1941
  • をんな旅 富士出版社 1941
  • 金色の伝説 協力出版社 1942 のち中公文庫 
  • 晴れ渡る仏印 室戸書房 1942
  • 新嘉坡の宿 興亜書房 1942
  • 国違ひ 日本文林社 1942
  • 小説和泉式部 協力出版社 1943
  • おもかげ 大都書房 1943
  • 竜になった鯉 育英書院 1944
  • おしろい花 九州書房 1946 (中篇小説新書)
  • 巴里アポロ座 隅田書房 1947
  • 思い出の薔薇 偕成社 1949
  • 夢路はるかに 偕成社 1949 
  • 豹 杜陵書院 1949
  • 春のワルツ 偕成社 1950
  • 森三千代鈔 濤書房 1977.8
復刻
  • 晴れ渡る仏印 ゆまに書房 2005.6 (「帝国」戦争と文学)

共著[編集]

  • 静か雨 現代女流作家名作選 現代社 1958
  • 相棒 金子光晴・森三千代自選エッセイ集 浩文社 1975
  • 三人 詩集 金子光晴,森乾共著 講談社 2008.1

再話[編集]

  • ハムレット / シェークスピア 偕成社 1950
  • 湖上の美人 ウォルター・スコット 偕成社 1950 (世界名作文庫)
  • リヤ王 シェークスピア 偕成社 1950 (世界名作物語)
  • マクベス / シェークスピア 偕成社 1951 (世界名作文庫)
  • 雨月物語 上田秋成 偕成社 1952 (世界名作文庫)
  • ロミオとジュリエット / シェークスピア 偕成社 1953 (世界名作文庫)
  • オセロ / シェークスピア 偕成社 1953 (世界名作文庫)
  • ジュリアス・シーザー / シェークスピア 偕成社 1954 (世界名作文庫)
  • 嵐ガ丘 エミリ・ブロンテ 偕成社 1954 (世界名作文庫)
  • 運命の女王クレオパトラ / シェークスピア 偕成社 1955 (世界名作文庫
  • たけくらべ / 樋口一葉 偕成社 1956 (世界名作文庫)
  • 春雨物語 上田秋成 日本少年少女古典文学全集 弘文堂 1958
  • 枕草子物語 清少納言 日本少年少女古典文学全集 弘文堂 1960
  • ベニスの商人 シェークスピア 偕成社 1960 (少女世界文学全集)
  • 君よ知るや南の国 ゲーテ 偕成社 1962 (少女世界文学全集)
  • 伊勢物語、土佐・更級日記 紀貫之,菅原孝標の女 ポプラ社 1965 (古典文学全集)
  • 和泉式部日記 河出書房新社 1976 (日本古典文庫)
  • 紫式部日記 王朝日記集 筑摩書房、1977 

参考[編集]

  • 金子光晴と森三千代 おしどりの歌に萌える 牧羊子著 マガジンハウス 1992 のち中公文庫 

脚注[編集]

  1. ^ 『日本人名大辞典』、講談社