森ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 ひかる Gymnastics (artistic) pictogram.svg
日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1999-07-07) 1999年7月7日(21歳)
身長 159 cm
種目 トランポリン競技
実績 Senior International Elite
所属 金沢学院大学クラブ
 
獲得メダル
女子 トランポリン競技
アジア大会
2018 女子 個人
世界選手権
2017 女子 シンクロナイズド
2018 女子 シンクロナイズド
2019 女子 団体
2019 女子 個人
テンプレートを表示

森 ひかる(もり ひかる、1999年7月7日 - )は、日本のトランポリン競技選手。東京都足立区[1]出身。金沢学院高等学校卒業。金沢学院大学スポーツ健康学科3年生(2020年4月現在)。金沢学院大学クラブ所属。

略歴[編集]

4歳のときに地元のイトーヨーカドーの屋上にあったトランポリンと出会い、その楽しさに目覚めたことから4歳上の兄二人(双子)と共に教室に通い始める[2]

2008年の全日本ジュニア選手権低学年の部、2011年世界選手権11〜12歳の部で優勝。2013年、14歳のときに史上最年少で全日本選手権で初優勝を果たしたが、リオデジャネイロオリンピックは年齢制限のため、出場することができなかった[注 1][3]

金沢学院高等学校時代は、高校選手権の個人、団体、シンクロナイズドで2年連続3冠。2018年アジア大会インドネシアジャカルタ)では個人で銀メダル[4]、世界選手権(ロシアサンクトペテルブルク)では宇山芽紅とのペアでシンクロナイズド[注 2]金メダルを獲得[5]。個人では強豪選手がひしめく中、5位入賞を果たす。

2019年、有明体操競技場で行われた世界選手権英語版では団体[注 2]で同種目史上初となる金メダルを獲得[6]。さらに個人でもオリンピックを含めた国際大会に於いて男女を通じて日本人選手初の金メダル獲得[注 3]を果たし、東京オリンピックの代表に内定した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オリンピック出場資格は18歳以上という規定があるため。
  2. ^ a b オリンピックでは個人種目のみ施行される。
  3. ^ この時の2位(銀メダル)は土井畑知里三菱電機)である。

出典[編集]

  1. ^ 森ひかる 大技で準決、足立区出身トランポリンエース日刊スポーツ・2019年11月28日付)
  2. ^ "空中で2種の大技 15歳が描く「5年後に金」の夢 トランポリン・森ひかる". 日経電子版. 日本経済新聞社. 24 March 2015. 2020年2月18日閲覧
  3. ^ a b 森ひかる東京五輪内定、日本人初V トランポリン(日刊スポーツ・2019年12月1日付)
  4. ^ 【アジア大会】森ひかる、ノーミスで「銀」産経新聞2018年8月30日付)
  5. ^ シンクロ森、宇山組「金」 トランポリン世界選手権朝日新聞デジタル・2018年11月10日付)
  6. ^ 日本女子が団体金メダル 男子は5位-世界トランポリン時事通信社・2019年11月30日付)

外部リンク[編集]