森のくまさん (米)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森のくまさん(もりのくまさん)は、イネ栽培品種の1つ。

概要[編集]

熊本県で育成された水稲品種の一種で、品種登録番号は第8123号、登録品種名は「森のくまさん」(もりのくまさん)、登録日は2000年6月27日。熊本県の平坦地域向け極良食味品種として、熊本県農業研究センター農産園芸研究所で育成された、水稲では熊本県初の県単独育成品種。「ヒノヒカリ」「コシヒカリ」を親として作出されたF1個体にコシヒカリを戻し交配して作出。系統番号は熊本2号。

特性[編集]

品種特性は、出穂期がヒノヒカリより1 - 2日遅い中生クラスの品種で、粘りが強く極良食味である。また、イモチ病耐性にも優れている。

名称[編集]

名称は一般公募により命名された。「の都本で生された米」という意味が込められている(公募は「熊本県産米品質向上本部」が実施し、命名者は熊本と縁のない岩手県の主婦であった。また、当時中山間地域向け品種の「熊本3号」も品種登録申請中だったため、関係者では「森の熊3?」と「熊本3号」の名前に向いているのではないかという話もあった。ちなみに「熊本1号」は欠番。「熊本3号」は夢いずみという名で品種登録されている)。1997年平成9年)より奨励品種に採用され、熊本県の平野部及び鹿本地方を中心に本格的な作付けが始まり、現在ではヒノヒカリと並ぶ熊本県産米の主要作付品種である。

日本穀物検定協会が発表する2012年産の「食味ランキング」で最多得点を獲得し、初めて1位になった。

外部リンク[編集]