棚橋光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

棚橋 光男(たなはし みつお、1947年9月11日[1] - 1994年12月1日[1])は、日本歴史学者。元金沢大学文学部助教授。文学博士

経歴・人物[編集]

山形県山形市出身。1966年山形県立山形東高等学校卒業[1]1970年京都大学文学部国史学科卒業、1976年同大学院博士課程満期退学[1]岸俊男大山喬平に師事。卒業論文は『国衙領の研究』だった。1976年香川大学教育学部助手、1978年、同助教授[1]1981年、金沢大学文学部助教授[1]

1987年、学位請求論文『中世成立期の法と国家』により、京都大学から文学博士の学位を授与される[1]

日本中世史を専門とし、中世成立期の公家政権について成果をあげるが、47歳で早世。

京大紛争で反全学共闘会議の活動家として活躍。

著書[編集]

  • 『中世成立期の法と国家』 塙書房、1983年
  • 『大系日本の歴史4 王朝の社会』 小学館、1988年
  • 『後白河法皇』(遺稿集)講談社選書メチエ、1995年 のち講談社学術文庫
  • 『古代と中世のはざまで-時代を撃つ王朝知識人』(遺稿集)北国新聞社、1997年

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 非署名 「故 棚橋光男助教授 年譜・業績目録」『古代と中世のはざまで-時代を撃つ王朝知識人』 北國新聞社、1997年、195-200頁。

脚注[編集]