梶田達二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梶田 達二(かじた たつじ、1936年5月24日 - 2011年10月8日)は、日本の画家イラストレータボックスアートを得意とした。愛知県名古屋市港区出身[1]。理科美術協会、ミロの会会員。

略歴[編集]

愛知県立惟信高等学校を卒業[2]。家業の楽器製造会社を手伝う傍ら、挿絵画家小松崎茂の作品を摸写[2]。1959年、集英社より単行本の挿絵でデビュー[3]。同年、上京[4]

秋田書店「冒険王」9月号で雑誌デビュー[3]。また小学館、講談社、光文社、少年画報社、徳間書店、学習研究社等の少年誌、学年誌に表紙、口絵、挿絵を発表する[3]。また、プラモデルの箱に航空機や艦船を描くボックスアートの世界で活躍[2]。他に図鑑、ポスターなど幅広く手がけた[2]

著書[編集]

  • 昭和怪獣画報 梶田達二画集 洋泉社 2014

脚注[編集]

  1. ^ 『SF挿絵画家の時代』大橋博之著 本の雑誌社刊 2012年9月発行 166-169ページ
  2. ^ a b c d 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ a b c 『昭和怪獣画報 梶田達二画集』著者紹介
  4. ^ 『昭和怪獣画報 梶田達二画集』著者紹介。ただし「日外アソシエーツ現代人物情報」では1960年上京と記載されている