梶永正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梶永 正史
(かじなが まさし)
誕生 1969年????
山口県長門市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2014年 -
ジャンル ミステリー
代表作警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』(2014年)
主な受賞歴 このミステリーがすごい!大賞(2013年)
デビュー作 警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

梶永 正史(かじなが まさし、1969年[1] - )は、日本の小説家山口県長門市出身[2]本名同じ[要出典]2013年、「このミステリーがすごい!大賞」受賞者。

略歴[編集]

  • 山口県立美祢工業高等学校機械科を卒業[1]。コンピューター企業に勤務する傍ら39歳より本格的な執筆稼働を開始し、『このミステリーがすごい!』には第9回から4年連続で応募して受賞に至った[3]
  • 受賞時のプレスリリースによると、「30代最後の初詣で、これまでなにも成し遂げたことがなかったことに焦りを感じて執筆を始めた」と語っている。
  • Kindle Storeより配信されていた「光と、陰と、その隙間」は第10回応募作を改稿したもので、実家である長門市が舞台になっている。また、大賞受賞作は勤務先である渋谷が舞台であるとともに山口県の描写が出てくるなど自身の体験が幅広く反映されている[独自研究?]

エピソード[編集]

  • 山口の実家で白い紀州犬を飼っている。名前は"ボケ丸"[要出典]
  • 実在の俳優を思い浮かべて相関図を作り[3]、執筆は片道2時間の通勤時間を利用し、ほとんどスマホで行っている[4][5]
  • 小説現代』2014年7月号[要ページ番号]に『器用貧乏』というコラムを寄稿しており、「なんでも人並みにできるかわりに、なにひとつ極められていない」と語っている。
  • 「ガバナンスの死角」には”八木圭子”、「白鷹雨音」には”八木圭一郎”という、このミステリーがすごい!大賞を同時受賞した八木圭一を文字ったキャラクターが登場している。同様に八木圭一著「警察庁最重要案件指定 靖國爆破を阻止せよ」には”梶永”という名前のキャラクターが登場している。
  • 本人のFacebookページによると、著作に登場する人物の多くは実在の友人の名前を使用していることがうかがえる[要出典]

作品一覧[編集]

単行本[編集]

 

アンソロジー[編集]

  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語(2014年9月 宝島社文庫)「仲直り」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 旅の物語(2015年12月 宝島社文庫)「ロストハイウェイ」
  • 5分で驚く!どんでん返しの物語(2016年6月 宝島社文庫)「ロストハイウェイ」
  • 10分間ミステリー THE BEST(2016年9月 宝島社)「最後の客」
  • このミス大賞作家書き下ろしBOOK Vol.22(2018年9月 宝島社)「郷間彩香には関わるな/第一話 鈴木の場合」

脚注[編集]

外部リンク[編集]