梶峰城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
梶峰城
佐賀県
別名 多久城
城郭構造 山城
築城主 多久宗直
築城年 建久4年(1193年)頃
主な城主 多久氏龍造寺氏
廃城年 慶長5年(1600年
遺構 土塁

梶峰城(かじみねじょう)は佐賀県に存在した山城。別名、多久城(たくのじょう)[1]

概要[編集]

多久市にある標高201mの梶峰山の頂に位置する。津久井氏を祖とする多久氏は、当初南多久の館に拠ったが、建久4年(1193年)頃に多久宗直が当城と、居館を築いた。

以降は350年以上にわたり多久氏が居城としたが、天文13年(1544年)に龍造寺周家に攻められると当主・多久宗時は逃亡して周家が城主となった。翌14年(1545年)に有馬氏の支援を受けて多久氏が当城に復帰したが、永禄5年(1562年)に龍造寺隆信長信に再び攻められて須古に移った。以後は長信が城主となり、天正15年(1587年)に豊臣秀吉より多久藩主に任ぜられている。やがて慶長5年(1600年)に廃され、多久藩は鍋島藩内の多久邑となった。

出典[編集]

  1. ^ 『フロイス日本史』9(中央公論社、1979年)p.128。

参考文献[編集]

関連項目[編集]