梶取埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
梶取埼灯台
梶取埼灯台
梶取埼灯台の位置(和歌山県内)
梶取埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
2884 [M6002]
位置 北緯33度34分57秒 東経135度57分30秒 / 北緯33.58250度 東経135.95833度 / 33.58250; 135.95833座標: 北緯33度34分57秒 東経135度57分30秒 / 北緯33.58250度 東経135.95833度 / 33.58250; 135.95833
所在地 和歌山県東牟婁郡太地町梶取崎
塗色・構造 白色・円形コンクリート造
レンズ 40cm回転灯器
灯質 単閃白光 毎8秒に1閃光
実効光度 180,000 cd
光達距離 18.0海里
塔高 16 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 41 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1899年11月
管轄 海上保安庁第五管区海上保安本部

梶取埼灯台(かんとりさきとうだい)は、和歌山県東牟婁郡太地町梶取崎に建つ灯台である[1]梶取埼ナミノリ礁照射灯(灯台表番号:2885)が併設されている。

周辺は吉野熊野国立公園の特別地域に指定されており、太平洋を望む景勝地となっている。梶取崎(かんどりざき)という地名は、熊野灘を航行する船舶が、この岬を目標にして梶を取ることに因むといわれている。

歴史[編集]

頂部の風見鶏が鯨

古くから海上交通の重要な地点だったため、昔はを発見するための「山見」が置かれ、捕鯨船に指令を送る狼煙場や初代紀州藩主・徳川頼宣元和5年(1619年)頃に設置した船見御番所があった。

付近の燈明崎には寛永13年(1636年)に設置された燈明台があったが、1872年明治5年)に廃止され、梶取崎付近の海上交通は極めて不便になっていた。そのため、1899年(明治32年)11月に竣工、初点灯された。

1963年昭和38年)3月、改築された。

周辺情報[編集]

出典[編集]

  1. ^ 灯台要項1”. 第五管区海上保安本部. 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]