梶原悠未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梶原 悠未
Yumi Kajihara
Cycling (road) pictogram.svg
UCI Track World Championships 2020 028.jpg
個人情報
本名 梶原 悠未
かじはら ゆうみ
生年月日 (1997-04-10) 1997年4月10日(24歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 155cm
体重 56kg
チーム情報
所属 筑波大学大学院
分野 トラックレース
ロードレース
役割 選手
グランツール最高成績
主要レース勝利
Jersey rainbow.svg 世界選手権女子オムニアム (2020)
獲得メダル
日本の旗 日本
女子トラックレース
オリンピック
2020 東京 女子オムニアム
Arc en ciel.svg 世界選手権
2020 ベルリン 女子オムニアム
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子オムニアム
2018 ジャカルタ 団体追い抜き
アジア選手権
2016 伊豆 スクラッチ
最終更新日
2021年8月9日

梶原 悠未(かじはら ゆうみ、1997年4月10日 - )は、埼玉県和光市出身の女子自転車競技選手。筑波大学[1]。筑波大学大学院在学中[2]。血液型はO型。

人物[編集]

  • 小学校時代は水泳・ピアノ・書道・バレエなど5つの習い事をしていた[3]
  • 筑波大学附属坂戸高等学校に入学後、教師の誘いで自転車競技を開始。並行してスイミングスクールに通っていた。[3]
  • 大学を卒業後、2020年5月1日に学校法人タイケン学園のスポーツアドバイザーに就任[1]

出場歴[編集]

2014年
2015年
  • ジュニア世界選手権自転車競技大会トラックレース
    • ポイントレース 2位
    • 団体追い抜き 3位
  • 世界選手権自転車競技大会ロードレース
    • ジュニア女子ロードレース 4位
2016年
2017年
  • UCIトラックワールドカップ 第2戦 女子チームパーシュート3位(日本チームの一員として参加)
  • UCIトラックワールドカップ 第3戦 女子オムニアム 優勝 金メダル(全4種目1位の完全優勝)
    • 日本の女子自転車競技選手として、オリンピック・世界選手権・ワールドカップの自転車競技全種目を通じて、史上初の金メダル[10]
  • UCIトラックワールドカップ 第4戦 女子オムニアム 優勝 金メダル[11]
2018年
2019年
2020年
2021年
  • 8月、2020年東京オリンピックの自転車競技に出場。6日に自転車トラック女子マディソンに中村妃智と出場したが、2周の周回遅れとなり途中棄権の13位となった[15]。8日に女子オムニアムでオリンピック自転車競技日本人女子選手で初の銀メダルを獲得[16]。有観客会場で唯一、表彰台でメダルを授かった日本人選手となった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本グローバルビジネス専門学校
  2. ^ a b プレスポーツ(2020年6月4日)
  3. ^ a b 4years・大学スポーツ
  4. ^ 梶原悠未がジュニア世界選手権女子ポイントレースで2位|やわらかスポーツテック CYCLE(サイクル)
  5. ^ 女子ジュニアポイントレース(JCF)
  6. ^ 女子ジュニアチームパーシュート(JCF)
  7. ^ 女子ジュニア個人パーシュート(JCF)
  8. ^ 女子ジュニア個人ロードレース(57.1km)(JCF)
  9. ^ 女子ジュニア個人タイムトライアル(10.9km)(JCF)
  10. ^ 梶原悠未がUCIトラックワールドカップで快挙 女子オムニアムで日本人史上初の金メダルを獲得 - cyclowired.jp 2017/12/03 - 19:15
  11. ^ 男子ケイリンで脇本雄太が、女子オムニアムで梶原悠未が金メダルを獲得 総メダル獲得数5つの快挙 - cyclowired.jp 2017/12/12 - 11:59
  12. ^ The 60th Anniversary "Thai Cycling Association" (2.1) - procyclingstats.com
  13. ^ Tour of Trat stage2”. 2019年5月26日閲覧。
  14. ^ 【史上初】梶原悠未が世界選手権で金、母へ最高の誕生日プレゼント/女子オムニアム・2020世界選手権トラック・ドイツ” (日本語). 競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE (2019年12月9日). 2021年3月25日閲覧。
  15. ^ “自転車トラック梶原悠未、中村妃智組は途中棄権で13位”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/road-cycling/news/202108060000759.html 2021年8月6日閲覧。 
  16. ^ “オムニアム梶原悠未が銀メダル「取れてとてもうれしい…でもすごく悔しい」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/sports/cycling/news/202108080000558.html 2021年8月8日閲覧。 

外部リンク[編集]