梶原しげよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梶原 しげよ
(かじわら しげよ)
生誕 梶原 しげよ
(1920-04-23) 1920年4月23日
日本の旗 日本 宮城県気仙沼市唐桑町
死没 (2015-11-08) 2015年11月8日(95歳没)
千葉県柏市
墓地 宮城県気仙沼市唐桑町 早馬神社墓苑
国籍 日本の旗 日本
出身校 宮城県鼎が浦高等学校
職業 詩人
親戚 梶原正雄(父)
公式サイト 詩人梶原しげよ/早馬神社

梶原 しげよ(かじわら しげよ、本名・髙村しげよ(たかむら しげよ)、1920年(大正9年)4月23日 - 2015年(平成27年)11月8日)は日本詩人宮城県生まれ。

来歴[編集]

宮城県気仙沼市唐桑町出身。実家は神社。気仙沼実科高等女学校(宮城県鼎が浦高等学校、統合され現 気仙沼高等学校)卒業。

10代から短歌や詩を書き始め、高等女学校卒業後、国語教師として小学校に勤務してから短歌と詩の投稿をはじめる。1952年 唐桑小学校校歌を作詞。1953年に髙村智(フランス文学者で、のち東京都立大教授)と結婚した。

1959年に 第一詩集『生と死のうた』を出版し、2011年までに十六の詩集を残す。95歳で生涯を閉じるまで、一貫して、生と死をテーマにした詩を紡ぎ、その詩は何カ国語にも訳され、20世紀芸術世界賞をはじめとして海外でも数々の賞を受け、ローマヴェネツィアモスクワ等より名誉作家として認定される。

略歴[編集]

  • 1920年(大正09年)4月23日 唐桑村宿(早馬神社)に、二男七女、9人兄弟の末っ子として生まれる
  • 1927年(昭和02年) 唐桑尋常小学校入学
  • 1933年(昭和08年) 唐桑高等小学校入学
  • 1935年(昭和10年) 気仙沼実科高等女学校入学。短歌、詩を書き始める
  • 1939年(昭和14年) 津山町柳津小学校に勤務。短歌、詩の投稿を始める
  • 1942年(昭和17年) 唐桑国民学校に勤務
  • 1944年(昭和19年) 女子挺身隊入隊、陸軍造兵廠勤務
  • 1946年(昭和21年) 函館市立新川中学校に勤務
  • 1952年(昭和27年)唐桑小学校校歌を作詞(作曲 海鉾義美
  • 1953年(昭和28年) フランス文学者の髙村智(のちの東京都立大教授)と結婚。浦和市に転居
  • 1959年(昭和34年)
    • 千葉県流山に転居
    • 第一詩集『生と死のうた』(書肆ユリイカ)
  • 1963年(昭和38年) 第二詩集『連絡船』(氾濫社)
  • 1965年(昭和40年) 第三詩集『鎮魂歌』(中央公論事業出版)
  • 1968年(昭和43年) 第四詩集『樹木』(思潮社)
  • 1971年(昭和46年) 第五詩集『消えてゆく森について』(思潮社)
  • 1975年(昭和50年) 第六詩集『流れのなかで』(詩学社)
  • 1979年(昭和54年) 第七詩集『残照』(思潮社)
  • 1983年(昭和58年) 第八詩集『ある場所から』(思潮社)
  • 1985年(昭和60年) 第九詩集『海』(思潮社)
  • 1986年(昭和61年) 『女たちの名詩集』(思潮社・編者新川和江)
  • 1988年(昭和63年) 柏市に転居
  • 1990年(平成02年) 第十詩集『再会』(書肆山田)
  • 1996年(平成08年) 第十一詩集『いつも 何かとともに』(詩学社)
  • 1998年(平成10年) 夫、髙村智 死去
  • 2001年(平成13年) 第十二詩集『旅立ち』(詩学社)
  • 2004年(平成16年) 第十三詩集『まひるの月』(美研インターナショナル)
  • 2005年(平成17年) 第十四詩集『私は門もとびらも持っていない』(美研インターナショナル)
  • 2006年(平成18年) 第十五詩集『夕映えの旅びと』(美研インターナショナル)
  • 2011年(平成23年) 第十六詩集『ゆうぐれの野路』(美研インターナショナル)
  • 2015年(平成27年)11月8日、95歳で生涯を閉じる

栄誉

作品[編集]

  • 第一詩集『生と死のうた』(1959年、書肆ユリイカ)。全国書誌番号:60016160NCID BA86935262
  • 第二詩集『連絡船』(1963年、氾濫社)NCID BA88958178
  • 第三詩集『鎮魂歌』(1965年、中央公論事業出版)NCID BB04757283
  • 第四詩集『樹木』(1968年、思潮社)
  • 第五詩集『消えてゆく森について』(1971年、思潮社)NCID BA50036025
  • 第六詩集『流れのなかで』(1975年、詩学社)
  • 第七詩集『残照』(1979年、思潮社)NCID BB08285346
  • 第八詩集『ある場所から』(1983年、思潮社)
  • 第九詩集『海』(1985年、思潮社)
  • 第十詩集『再会』(1990年、書肆山田)
  • 第十一詩集『いつも 何かとともに』(1996年、詩学社)ISBN 4883120899
  • 第十二詩集『旅立ち』(2001年、詩学社)ISBN 4883121828
  • 第十三詩集『まひるの月』(2004年、美研インターナショナル)ISBN 443404186X
  • 第十四詩集『私は門もとびらも持っていない』(2005年、美研インターナショナル)ISBN 4434057138
  • 第十五詩集『夕映えの旅びと』(2006年、美研インターナショナル)ISBN 4434078968
  • 第十六詩集『ゆうぐれの野路』(2011年、美研インターナショナル)全国書誌番号:22051454OCLC 816915900

関連作品[編集]

外部リンク[編集]