梅錦山川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅錦山川 株式会社
Umenishikiyamakawa Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
799-0194
愛媛県四国中央市金田町金川14
設立 1954年6月
業種 食料品
法人番号 7500001014561
事業内容 酒類製造販売(清酒・焼酎・みりん・リキュール・ビール・発泡酒)
代表者 代表取締役 藤原康展
資本金 1,000万円
従業員数 30名(2016年現在)
主要株主 白鶴酒造100%
外部リンク http://www.umenishiki.com/
テンプレートを表示

梅錦山川株式会社(うめにしきやまかわ)は、愛媛県四国中央市にある酒造メーカーである。

沿革[編集]

  • 1872年(明治5年)に山川由良太(ゆらた)が個人として創業。
  • 1954年(昭和29年)に山川酒造合資会社として設立。
  • 1991年(平成3年)には株式会社に改組し、梅錦山川株式会社となった。
  • 1995年(平成7年)に地ビール製造の免許を取得し、「梅錦ビール[1]」の販売を開始。
  • 1996年(平成8年)に周桑郡丹原町(現・西条市丹原町)に、梅錦ガーデン丹原麦酒醸造所をオープン(2005年(平成17年)に閉鎖)。
  • 2016年(平成28年)3月30日、同年3月24日神戸市の酒造メーカー白鶴酒造が発行済みの株式を100%取得し同社の完全子会社となったことを発表[2]。社長は前白鶴酒造販売企画部長の藤原康展[2]で、創業家の山川浩一郎は相談役[2]となる。理由は当時創業家の5代目社長であった山川浩一郎に後継者がいないためであり、コンサルタント会社と相談して事業承継する企業を探していた中、白鶴酒造による子会社化の話が持ち上がった[2]。社名・ブランド名はそのまま残し、関係者約20人の雇用は継続する[2]

概要[編集]

  • 全国新酒鑑評会では金賞の常連になっている。
  • 1977年から2012年まで杜氏などを務めた「現代の名工」に選ばれた山根福平が1993年と同じ年に醸造した純米吟醸原酒「1993」とヴィンテージ日本酒として登場した[3][4]
  • 主屋[5]・仕込蔵は、国の登録有形文化財に登録されている。

受賞歴[編集]

全国新酒鑑評会

平成14酒造年 - 29酒造年[6]

  • 「梅錦」金賞受賞 - 平成29年受賞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 梅錦ビールホームページ
  2. ^ a b c d e 愛媛新聞(2016年3月31日付、1面)
  3. ^ 朝日新聞(2019年2月5日)
  4. ^ makuakeホームページ
  5. ^ 国指定文化財データベース – 梅錦山川主屋
  6. ^ 独立行政法人 酒類総合研究所 -「全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表」

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度59分21.02秒 東経133度35分38.18秒 / 北緯33.9891722度 東経133.5939389度 / 33.9891722; 133.5939389