梅田尚通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅田 尚通
SL-Naomichi-Umeda20100828.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県鯖江市
生年月日 (1989-06-28) 1989年6月28日(29歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手外野手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト5巡目
初出場 2014年5月5日
最終出場 2014年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梅田 尚通(うめだ なおみち、1989年6月28日 - )は、福井県鯖江市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

河和田小1年時に河和田スポーツ少年団で野球を始め、東陽中では鯖江ボーイズ(硬式)に所属。中学時代から注目され、県外からの誘いも受けたが、野球名門校ではなく地元で文武両道の県立高校である鯖江高に進学。

鯖江高時代は甲子園出場はなく、3年の夏は県大会2回戦で早々と敗退し、全国的にはほとんど無名の存在であった。投手一塁手遊撃手を兼任し、ドラフト指名は内野手としてだった。高校通算15本塁打。

2007年8月に北信越地区高校選抜としてハワイに遠征し、ハワイ島選抜、オアフ島選抜と5試合を戦った。並み居る強打者の中で4番を任され、2試合目のハワイ島選抜戦でバックスクリーンに本塁打を放つなど、5試合中4試合で長打を放ってアピールした。

2007年のドラフト会議埼玉西武ライオンズから5巡目で指名を受けたことを機に入団。鯖江高校出身者では、2001年大阪近鉄バファローズへ入団した牧田明久以来、7年振り4人目のプロ野球選手になった。

プロ入り後[編集]

2008年から2013年までは、一軍公式戦への出場機会がなかった。

2014年には、5月5日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の7回裏に、代打で一軍デビュー。10月2日の対北海道日本ハムファイターズ戦(西武ドーム)に「7番・右翼手」として一軍公式戦初のスタメンに起用される[1]と、2回裏の第1打席で新垣勇人から放った一軍初安打が満塁本塁打になった[1]NPBの一軍公式戦で、初安打を満塁本塁打で記録した選手は、1983年駒田徳広読売ジャイアンツ)以来2人目[1]。66試合に出場したイースタン・リーグ公式戦でも、打率(.280)と本塁打(8本)で自己最多記録、打点(27打点)で自己タイ記録を残すなど好調だった。

2015年には、春季キャンプで一軍メンバーに抜擢された[2]が、公式戦の開幕を一軍で迎えられなかった[3]。開幕後は、イースタン・リーグ公式戦88試合に出場。しかし、打率.211、2本塁打、23打点と再び低迷した[4]ほか、一軍公式戦への出場機会がなかった[5][6]10月2日に球団から戦力外通告を受けた[7]ことを機に、現役を引退[5][6]

現役引退後[編集]

自身と同時に西武から戦力外を通告された林崎遼前川恭兵と共に、株式会社トラバース(かつてのチームメイトだったG.G.佐藤の実父が経営する測量会社)へ勤務[8]2016年からは、千葉県内の地盤調査に携わるほか、佐藤が取り仕切る軟式野球のチームに参加する[9]

プレースタイル・人物[編集]

野手としては、糸井嘉男を彷彿とさせる大柄な左打者[9]で、荒削りながらパンチ力のある打撃が武器。高校時代には、投手としてストレートで最速145km/hを計測した。遠投110mの強肩の持ち主であった。

入団6年目までは一軍昇格の機会がなかったため、シーズンが終わるたびに戦力外通告を覚悟したという。一軍公式戦でも、7年目に2安打を放っただけで、本塁打は初安打と同時に記録した満塁本塁打の1本だけにとどまった。梅田自身は、この本塁打について、現役引退の直後に「(西武時代の)8年間で唯一(一軍に)貢献できた。1本も打てずに引退する選手もいるので、1本打てて良かった。8年間で満塁本塁打1本だけだったので、自慢できるほどではないが、良い思い出にはなった」と述懐している[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 西武 4 12 11 2 2 0 0 1 5 4 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .182 .250 .455 .705
NPB:1年 4 12 11 2 2 0 0 1 5 4 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .182 .250 .455 .705

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2014 1 2 0 0 1 1.000 3 4 0 0 0 1.000
通算 1 2 0 0 1 1.000 3 4 0 0 0 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (2008年 - 2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “西武・梅田、元巨人の駒田氏以来となるプロ初安打が満塁弾”. サンケイスポーツ. (2014年10月2日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141002/lio14100220430004-n1.html 2014年10月2日閲覧。 
  2. ^ 2015年春季キャンプ参加選手決定! - 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2015年1月22日配信) 2015年10月14日閲覧
  3. ^ 2015年 開幕登録選手発表! - 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2015年3月25日配信) 2015年10月14日閲覧
  4. ^ 2015年 イースタン個人成績(打撃成績) - 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月14日閲覧
  5. ^ a b プロ初安打が満塁本塁打…西武・梅田が引退「第二の人生を」 - sponichi annex(2015年10月14日配信)2015年10月14日閲覧
  6. ^ a b 今季1軍出場なしの西武・梅田、現役引退へ - sanspo.com(2015年10月14日配信) 2015年10月14日閲覧
  7. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について - 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト(2015年10月2日配信) 2015年10月14日閲覧
  8. ^ 【プロ野球選手第2の人生】西武・梅田、G・G・佐藤氏の父経営の測量会社に - スポーツ報知(2015年12月30日)同日閲覧
  9. ^ a b c 唯一の一発が初安打満弾…西武退団の梅田 GG佐藤氏の軟式チーム入り - sponichi annex(2015年12月20日配信)2015年10月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]