梅沢昌太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梅沢 昌太郎(うめざわ しょうたろう、1937年(昭和12年)5月23日 - )は日本の商学者、農学者、博士(農学)農業マーケティング研究の第一人者である。

流通経済大学非常勤講師、高千穂大学専任講師→助教授教授日本大学商学部教授および日本大学大学院商学研究科教授→客員教授を経て、日本大学商学部および日本大学大学院商学研究科の非常勤講師。

来歴[編集]

東京都出身。1960年早稲田大学政治経済学部卒業後、協和ガス化学会社セールスマンや、社団法人日本能率協会経営コンサルタント、社団法人農協流通研究所調査研究部長を経て、高千穂商科大学助教授→教授に就任。その後、1997年から日本大学商学部教授、日本大学大学院商学研究科教授を経て、2008年3月に定年退職。同年4月から2010年3月まで客員教授を務め、2010年4月から2011年7月まで非常勤講師として勤め、2011年度を以って教職を引退した。また、1996年博士(農学)(日本大学)の学位を取得(論文博士)。論文の題は「食品コンセプトの多様化と農産物マーケティングの展開 」[1]。 農学研究者でもあり、これまで流通を主に考えてきた農業経済学農産物流通に、ミクロ的考えを導入した「農業マーケティング」を導入した最初の人物である。(著書『ミクロ農業マーケティング』、『ザ・テキスト 農業マーケティング』にて。)

井戸大輔(日本大学商学部非常勤講師)、金世煥は弟子である。

研究・主張[編集]

  • 1980年代から生鮮食品の温度帯別流通を主張し、1990年代後半から生鮮食品(perishables)と加工食品(processed food)をさらに細かく分類し、「生鮮的加工食品」(生鮮食品であるが、何らかの加工をされている食品)と「加工的生鮮食品」(加工食品であるが何らかの便益性が付加されている生鮮食品)という用語を作り、提唱している。(『食品のマーケティング』、『ミクロ農業マーケティング』)
  • 戦略マーケティングとその具体策であるマーケティング戦略の言葉から、「戦略マーケティング戦略」(=事業戦略を考えるためのマーケティング戦略。)という造語を、著書、執筆論文の中で多数用いている。
  • P. コトラーの「デ(ィ)・マーケティング(demarketing)」と意見を少し変えた、「ディスマーケティング(dismarketing)」という造語を用い、「売らないマーケティング」を提唱している。(『ビジネス・モデルの再生―ディスマーケティングを問う―』、『現代商業学』にて。)
  • 空想的社会主義(utopian socialism)を肯定的に捉え、「協同組合主義」(cooperatism)を考察し、マネジリアル・マーケティングからディスマーケティングへの変化と、協同組合のビジネス・スタイルを基にした流通業の形態の変化と、流通業へのディスマーケティングの導入を主張している。(『ビジネス・モデルの再生―ディスマーケティングを問う―』、『現代商業学』にて。)
  • 農学者として加藤完治を評価している。(『ビジネス・モデルの再生―ディスマーケティングを問う―』にて。)

専攻分野[編集]

所属学会[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

  • 『生鮮食品流通』柴田書店1980年12月1日
  • 『独走キリンビールの決断』評言社1983年9月。
  • 『農協のマーケティング戦略―市場重視の新展開―』日本能率協会1984年12月。
  • 『旭化成ひらめきと執念の多角化戦略―総合化学メーカーの成功哲学―』評言社1985年4月25日
  • 『小売経営戦略』同友館、1985年7月。(編著)
  • 『日通総研選書;食品のマーケティング―食品流通の現実的課題―』日通総合研究所1986年5月26日
  • 『90年代への流通戦略―ビジネスチャンスを探る17の視点―』日本能率協会、1986年8月1日。(未来マーケティング研究会と共に[編];まえがき(1-5頁)、1章(14-25頁)、15章(192-204頁)を執筆。)
  • 『生協の戦略―日本を変える流通巨人―』日本能率協会、1987年7月15日
  • 『かながわ生協の商品戦略』日本能率協会、1987年7月。
  • 『農産物販売の新戦略』家の光協会、1988年5月。
  • 『日通総研選書;非営利・公共事業のマーケティング―新たな社会システムへの展望―』白桃書房1988年3月26日
  • 『日本企業の地球化戦略―世界の企業とキリンビール―』白桃書房、1989年5月19日
  • 『農産物の戦略的マーケティング』家の光協会、1990年5月。
  • 『農業のマーケティングとCI戦略』全国農業改良普及協会1991年11月20日
  • 『流通サービス産業の経営論』白桃書房、1991年11月6日
  • 『まちづくりマネジメント―公共マーケティングとサービスマーケティングの接点―』ぎょうせい1992年9月1日
  • 『日通総研選書;新版 非営利・公共事業のマーケティング―ふるさと・生協・農協(JA)の活性化戦略―』白桃書房、1995年6月6日
  • 『ミクロ農業マーケティング―食生活の多様化と事業戦略―』白桃書房、1996年9月26日
  • 『ザ・テキスト 農業マーケティング』全国農業改良普及協会、1997年4月14日
  • 『アグロ・フード・マーケティング―食と農のマーケティング統合―』白桃書房、1999年5月16日
  • 『食品ロスの日本的課題』デーリィ・ジャパン社、1999年8月30日。(編著;「まえがき」(3-5頁)、「第1章 食品ロス統計の意味と取組の現状」(9-21頁)を執筆。)


  • 『むら組織の事業戦略―新潟県黒川村の戦略マーケティング戦略―』白桃書房、2000年12月16日
  • 『マーケティング流通戦略―対立と解消―』白桃書房、2001年4月26日。(編著;まえがき、「第1部 第1章 戦略マーケティング戦略と流通政策」(1-24頁)、「第1部 第2章 流通戦略と消費者主権」(25-47頁)、「第2部 第7章 サービスの高まりと流通変革」(121-135頁)を執筆。)
  • 『農業マーケティング論』全国農業協同組合中央会、2002年5月。
  • 『農業経営のためのソリューション・マーケティング―理論と現実からの考え方―』全国農業改善普及協会、2003年3月1日
  • 『トレーサビリティ―食の安心・安全の社会システム―』白桃書房、2004年3月26日。(編著;まえがき、第1章~第2章、第4章~第7章、第9章、第11章を執筆。)
  • 『ビジネス・モデルの再生―ディスマーケティングを問う―』白桃書房、2006年11月16日
  • 『農業マーケティングからディスマーケティングへ―転職五回の軌跡―』2007年12月8日。(自費出版
  • 『現代商業学』慶應義塾大学出版会2010年11月5日。(編著;はしがき、「序章 商業の将来」(1-12頁)を執筆。)

共著[編集]

  • 『加工食品流通』柴田書店1982年4月25日。(林一雄と共著;まえがき、第1章~第7章、第9章を執筆。)
  • 『ザ・サクセス 女性の起業戦略―マーケティング指南―』誠光堂新光社1986年1月。(山本和子と共著)
  • 『ゆうパック・宅配便と流通革命』白桃書房、1991年4月16日。(四條亨、原誠と共著)
  • 『達人ブック26 こっそり読んで強くなるマーケティングのしくみ―これだけわかれば明日からのビジネスは違う!―』ダイヤモンド社1996年9月20日。((株)ビッグ・ペンと共・編著)
  • 『食品知識ミニブックシリーズ;食商品学入門―焼きいもからグルメツアーまで』日本食糧新聞社、2003年7月23日長尾精一と共著、日本フードスペシャリスト協会[編];第Ⅰ部 2章(17-28頁)、3章(29-37頁)、7章(86-93頁)、8章(94-99頁)、9章(100-108頁)、10章(109-115頁)。)
    • のちに、『食商品学―焼きいもからグルメツアーまで』(日本食糧新聞社、2004年9月10日)として、新書本からA4書籍化された。
  • 『マーケティング論概説』記録舎2005年4月15日。(雨宮史卓と編書;まえがき、「第3章 マーケティングの新しい展開」(43-57頁)、「第4章 戦略マーケティング戦略の基本概念」(59-76頁)を執筆。)
  • 『パッケージド・アグロフード・マーケティング―生産・販売履歴にみる安全・環境・ブランド化―』白桃書房、2009年3月26日清野誠喜と共編著;まえがき、第1章「アグロフード・マーケティングとパッケージ」(1-23頁)を執筆。)

収録[編集]

  • 茂木克二『実戦フィールド・マーケティング』誠光堂新光社、1983年1月。
  • 世界の中の日本を考える会[編]『国際比較 ニッポンを診る―はたして日本は暮らしやすいか―』中央法規出版1985年1月。
  • 宇野政雄『最新マーケティング総論』実教出版、1985年4月。
  • 高橋正郎板倉勝高[監修]、全国農業協同組合中央会[編]『むらの挑戦―地域産業活性化戦略―』経済地理学会、1985年。
  • 高橋正郎、全国農業協同組合中央会[編]『村を活かす―地域加工産業の新しい波』筑波書房、1985年10月。
  • 日本消費経済研究所[編]『日経流通ブックス;「ふるさと食品」流通戦略』日本経済新聞出版社、1985年10月。
  • 「第13章 フードシステムとマーケティング」(221-234頁)<高橋正郎[監修]『フードシステム学全集;第1巻 フードシステム学の理論と体系』農林統計協会、2002年4月15日。>
  • 「食品産業の新展開と経営戦略の課題―食品ロスのグローバルな意味を考える―」<『農と食とフードシステム』農林統計協会、2002年5月。>
  • 「第2章 農産物流通と加工食品流通」(25-43頁)、「第17章 HMRHMSと食品マーケティングの今後」(331-349頁)、「第19章 アグロ・フード・マーケティング」(365-379頁)<高橋正郎[監修]『フードシステム学全集;第3巻 食品流通の構造変動とフードシステム』農林統計協会、2004年10月16日小山周三。>
  • 「第7章 持続可能なアグロ・フード・マーケティングのコンセプト」(121-155頁)<日本大学商学部マーケティング研究会[編]『マーケティング・ソリューション』白桃書房、2001年11月16日。>
  • 「第Ⅳ章 e-マーケティングの現実と将来性」(79-94頁)<渡辺好章[編著]『消費経済学体系;2 流通・マーケティング』、慶應義塾大学出版会、2005年10月25日。>

翻訳[編集]

  • 『マネジメント新書;45 プロダクト・マネジャー: 開発から販売までの新しい布陣』日本能率協会1966年5月26日。(ゴードン・H.エバンス著;菊野恒夫と共訳)
    • 原書名:Gordon H. Evans (1946) , The Product Manager's Job <AMA research study;69>, American Management Association Inc..
  • 『公共・非営利のマーケティング』白桃書房、1991年6月26日。(C.H.ラブロックC.B.ウェインバーグ著;渡辺好章と共に監訳;監訳者まえがき、「第9章 プロダクト・オファリング(提供しうる製品概念)」(227-247頁)、「第10章 製品の追加,改良および削除」(249-277頁)を執筆。)※原書第2版の翻訳本である。
    • 原書名:C.H.Lovelock & C.B.Weinberg, PUBLIC & NONPROFIT MARKETING 2nd,Scientific Press, 1989年6月。
      • Christopher H.Lovelock & Charles B.Weinberg, PUBLIC & NONPROFIT MARKETING, John Weley & Sons Inc.,1984年4月11日
  • 『消費者サービスと地元経済開発―イギリス経済再生の実証―』白桃書房、1999年1月26日。(コリン C. ウィリアムズ著;監訳)
    • 原書名:Colin C.Williams, Consumer Services and Economic Development, Routledge, 1997年4月17日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース