梅沢和木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅沢 和木(うめざわ かずき、1985年2月8日 - [1])は、日本の現代美術家[2][3]である。

埼玉県出身[1]武蔵野美術大学映像学科卒業[1]。CASHI所属[4]。ポストポッパーズ[5]カオス*ラウンジ[6]メンバー。

概要[編集]

ネット上の画像を大量に収拾し、Photoshopを使ってコラージュする作品をつくる[7]

初期のコラージュ作品は、素材のジャンルを問わず、また、素材となる画像を細かく配置する場合が多かったが、今日では、既存キャラクターのパーツを素材として多用する傾向があり、また、既存キャラクターの顔を大きく配置したり、新たな要素として図形商標を素材として用いている。アニメらき☆すた』の登場人物である泉こなたの図像を多数のキャラクターのパーツの組み合わせによって表現した「キメラこなた(もともと画像掲示板上で制作されていたもの)」を構成要素とした作品を発表した際、著作権上の問題があると指摘されて騒動となった[8]

評価[編集]

合同会社コンテクチュアズの事務所内にて製作された梅沢和木の作品(上記のキメラこなたを使用)について同会社の代表を務める東浩紀は「梅ラボ @umelabo の新作はまじでいい。震災後の救済、女神と天罰といった普遍的主題に加え、らき☆すた、というかキメラこなた。あれは彼のマスターピースになると思う。いままでのデータベース・スーパーフラットと違い、空間もある。コンテクチュアズにあの作品が飾れるのを誇りに思う」と自身のTwitter上で評価を述べた[9]。その後、Twitter上での村上隆との対話にて騒動以降作品に筆が加えられて改変されていると説明し「作品の独自性は認める」ものの「カオスラウンジの対応には不安を感じている」とコメントした[10]。なお、当該作品は現在外部には公開されていない。

岩手県出身の評論家である斎藤環は梅沢和木の作品をめぐる商行為については言及しないとした上で、村上隆の作品との比較および東日本大震災との関連を述べた梅沢和木自身による作品説明の引用を交えて、ネット上に上げられている元画像そのままの形でキャラクターを美術作品に取り込む意味についての疑問を呈している[11]

美術手帖によって編集された書籍「日本のアーティストガイド&マップ」内の「ジャパニーズ・ポップの射程」カテゴリにおいて「その未知数なところも含め、10年代アートシーンの象徴として語られる機会も多い」と評されている。同カテゴリにおいて他には村上隆奈良美智大竹伸朗宇川直宏などが掲載されている[12]

主な展覧会[編集]

  • GEISAI11(2008年 ビッグサイト
  • カオス*ラウンジ(2009年 MOGRAG GARAGE)
  • 101 TOKYO Contemporary Art Fair 2009(2009年 秋葉原UDX)
  • カオス*ラウンジ(夏)(2009年 ビリケンギャラリー)
  • 解放区エリア10-10(AISHO MIURA ARTS)
  • YOUNG ART TAIPEI(2009年 Sunworld Dynasty Hotel Taipei)(台北
  • 100 degrees Fahrenheit vol.1(2009年 CASHI)
  • トーキョーワンダウォール公募2009 入選作品展(2009年 東京都現代美術館
  • Identity(2009年 AISHO MIURA ARTS)
  • 解体されるキャラ(2009年 apmg) JNTとの二人展
  • エターナルフォース画像コア(2009年 frantic gallery) 個展
  • Across dimensions(2010年 ISE Cultural Foundation)(ニューヨーク)
  • カオス*ラウンジ 2010 in 高橋コレクション日比谷(2010年 高橋コレクション日比谷)
  • 破滅*ラウンジ(2010年 NANZUKA UNDERGROUND)
  • カオス*ラウンジ(春)(2010年 ビリケンギャラリー)
  • カオス*ラウンジ vol,02(2010年 MOGRAG GARAGE)
  • かおすら!(2010年 0000 Gallery)
  • はめつら!(2010年 コーポ北加賀谷)
  • 美しい画像コア(2010年 CASHI) 個展
  • カオス見てから画像余裕でしたコア(2010年 Hidari Zingaro) 個展
  • 再生する崩壊する自我する梅沢和木するラウンジする画像コアする*ラウンジ(2010年 CASHI)
  • CITY2.0--WEB世代の都市進化論(2010年 EYE OF GYRE)
  • エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ULTRA003」(2010年 スパイラルガーデン)
  • 【新しい】カオス* ラウンジ【自然】(2010年 高橋コレクション日比谷)
  • カオス*ラウンジ3(2011年 MOGRAG GARAGE)
  • カオスラ*ッシン(2011年 ミキリハッシン)
  • 『(≠ゃラ>∀<ナニ=)ノシ』[ k?ar?kt? ]展(2011年 ギャラリー宇 東京)
  • ART TAIPEI(2011年 Taipei World Trade Center 台北)
  • カオス*ラウンジ げんじつ!展(2011年 forestlimit)
  • カオス*イグザイル(2011年 アキバナビスペース 東京)
  • 大地と水と無主物コア(2011年 CASH) 個展
  • カオス*ラウンジ(2012年 MOGRAG GARAGE)
  • ラウンジ*カオス*ラウンジ(2012年 forestlimit)
  • 「隠喩としての宇宙」展 “The Cosmos as Metaphor”(2012年 HOTEL ANTEROOM KYOTO)

その他[編集]

  • 『思想地図β』「やる夫よろずの神および都市」
  • 『mograg magazine vol.02』「神のみぞ知るプレイ」
  • ユリイカ』 2010年9月号 - 表紙
  • 東浩紀『日本的想像力の未来〜クール・ジャパノロジーの可能性』(2010年、NHKブックス) - 表紙
  • 『Review House』03(2009年) - 表紙
  • 美術手帖』2011年6月号 - ネットカルチャーガイド2011
  • 『アニメルカ』vol.4(2011年) - 表紙
  • 『日本2.0 思想地図β』vol.3 - 「巻頭グラビア」アートディレクター

脚注[編集]

  1. ^ a b c About Intreviewee アーティスト 梅沢 和木さん武蔵野美術大学芸術文化学科、2010年11月18日。
  2. ^ 『クリエイターのヒミツ基地』 Volume7 梅沢 和木(美術家) -連載・コラム」 CINRA.NET、2011年2月28日。
  3. ^ 「梅沢和木 「梅ラボ」はいかにして「愛」を語るのか」『CYZO×PLANETS SPECIAL PRELUDE2011』第二次惑星開発委員会、2010年、130頁。ISBN 978-4905325017
  4. ^ Artists」 CASHI、2011年6月12日閲覧。
  5. ^ 梅沢和木、ワンダーウォール賞受賞!POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年6月17日。
  6. ^ 梅沢和木」 CHAOSLOUNGE official web、2011年5月27日閲覧。
  7. ^ 『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.2 梅沢和木 ゼロ→テン年代を代表するアーティストが、今改めて口を開く」 CINRA.NET、2012年8月22日。
  8. ^ イラストSNS「pixiv」に批判殺到!カオス*ラウンジって、どんな集団』livedoorニュース(2011年7月28日)
  9. ^ 東浩紀 (hazuma)Twitter - 2011年4月28日
  10. ^ カオスラウンジ騒動に対する、東浩紀さんと村上隆さんの対話。』 Togetter - 2011年6月19日
  11. ^ 斎藤環 『おたく神経サナトリウム』 ゲームラボ8月号(三才ブックス)
  12. ^ 美術手帖 『現代アートファンのための新・定番! 日本のアーティストガイド&マップ! The All Art Lovers’ Absolute Guide to Contemporary Japanese Artists』 美術出版社、2011年、33頁。ISBN 978-4-568-20199-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]